過去ログ

あなたは現在、2018年Marchの過去ログを見ています。
カテゴリ: General
投稿者: odaya
3月24日に、鳥博セミナー「カンムリウミスズメは何羽いる?―ウミスズメ科鳥類の保全をめざして―」を開催しました。海鳥保全グループの大槻都子(くにこ)さんと、カンムリウミスズメ調査のために来日しているマイケル・パーカーさんにお話しいただきました。

null

最初に、大槻さんにカンムリウミスズメの分類や生態についてお話しいただきました。カンムリウミスズメは世界で5種いるウミスズメ属のうちの1種で、世界で日本の周辺にのみ分布しています。限られた地域にしか分布せず、個体数が減っているため、国際的な絶滅危惧種に指定されています。無人島に侵入したネズミなどの哺乳類、人間活動の影響で数を増やしたカラスによる捕食が現在では大きな問題になっているほか、重油の流出による油汚染や漁業による混獲も脅威であると考えられています。

野生動物を絶滅から守るためには、どこにどのくらいの数がいるのか、また、数が減っているのか増えているのかの情報を得ることが重要です。
カンムリウミスズメは無人島で3~5月に繁殖します。落石の多い急峻な崖で繁殖するため、人間が近寄ったり巣の数を数えるのも容易ではありません。そのため、カンムリウミスズメが世界に何羽いるのかは、これまで正確に分かっていませんでした。1995年にまとめられた報告では、25か所の繁殖地に最大3000つがいほどが分布しているとされていましたが、2017年に大槻さんたちがまとめた結果によると、41か所の繁殖地に2800-4100つがいほどが繁殖していると推定されるそうです。
一見数が増えているように見えますが、これは各地で調査が盛んになって新しい繁殖地が見つかっているためで、数が増えているかどうかは分かりません。しかも、2000年以降に繁殖が確認された島は41箇所のうち、25か所にすぎません。この25か所のうち、正確な個体数調査が行われているのはわずか4か所で、他の場所での推定値は非常にざっくりとしたものでした。

そこで、大槻さんたちはアメリカのセグロウミスズメの調査で開発された「スポットライトサーベイ」という調査手法を導入して個体数調査に乗り出しました。この手法は、夜間に繁殖地の岸近くの海上にウミスズメ類が集まることを利用し、船の上からスポットライトを使ってウミスズメの数を数えるものです。かなり多くの数がカウントでき、さらには繁殖地のすぐ前の海上に集まるので、新しい繁殖地を見つけるのにも適した方法です。
2011年から宮崎県と福岡県の繁殖地で調査を行い、セグロウミスズメと同様に、カンムリウミスズメでも個体数の推定が出来ることを確かめました。宮崎県の繁殖地では2012年には最少でも1700つがいが繁殖しているだろうという推定値を得ることが出来ました。今後は、この調査を行う時間帯や時期についても検討していくため、今シーズンからそれを検証するための野外調査を行うとのことです。

大槻さんたちの活動の成果の報告書は、海鳥保全グループのウェブサイトからダウンロードすることができます。
https://marinebird-restorationgroup.jimdo.com/

続いて、カリフォルニア環境科学研究所のマイケル・パーカーさんに、カリフォルニアのDevil's Sliderockという岩礁で繁殖するウミガラスの保全活動について紹介していただきました。
この場所では、1979年まで2500羽ほどのウミガラスが生息していましたが、1980年代に個体数が急激に減少しました。このころに刺し網漁に使用される糸の種類が変わり、多数のウミガラスが混獲されてしまったことが原因です。さらに追い打ちをかけたのが、1986年に起こった油の流出事故で、1990年代初めまでには全く繁殖しなくなってしまいました。油の流出事故を起こしたApex Houston社からの賠償を受けて、Devil's Sliderockへウミガラスを呼び戻す取り組みが90年代の半ばから始まりました。
集団で繁殖するウミガラスの生態を利用し、たくさんのウミガラスのデコイ(模型)と動いている個体がいるように見せかけるための鏡を設置し、さらに近隣のコロニーで録音された音声が岩の上から流されました。すると、誘引を開始した年から少数のウミガラスが戻ってきて、繁殖をはじめました。これらの取り組みのあとでウミガラスの数は急速に回復し、現在では年によって変動はあるものの、おおむね元の個体数と同程度まで戻すことに成功しました。この成功の要因としては、当初の誘引のデザインが良かったこと、近くに10万羽ほどが繁殖する大きなコロニーがあること、捕食者がもともと少なく、同所で繁殖するアオノドヒメウによって繁殖地が防衛されていることがあげられるそうです。

パーカーさんのお話しのあと、アメリカでどのように刺し網漁が禁止されたのかや、ウミガラスでの成功例をどのようにカンムリウミスズメをはじめとするウミスズメ類の保全に応用できるかについて、質問や議論が交わされました。
今回は38名の方にご参加いただきました。お話しいただいた大槻さん、パーカーさん、ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。
カテゴリ: General
投稿者: odaya
3月17日に、鳥の博物館の市民スタッフと友の会の方を対象に、標本の製作講座を実施しました。昨年に続いて、山階鳥類研究所 自然誌研究室の岩見さんを講師にお迎えし、13名の参加者のみなさんにウミネコの仮剥製標本の製作に挑戦してもらいました。

null
まず、岩見さんから、標本とは何か、鳥の標本はどのように集められ、どのようにつくられるのかについてお話しいただきました。

null
鳥の体を模して造られたぬいぐるみを使って、鳥の標本の作り方をわかりやすく説明いただきました。

null
1人につき1羽のウミネコの成鳥を剥いていきます。小さな鳥と違って大きいので作業がしやすい一方、個体によっては脂肪がたくさんついていて処理が大変でした。

null
皮むきが終わったら、取り出した胴体部分を解剖して生殖器を確認し、性別を判定します。ウミネコのような雌雄で外部形態が大きく異ならない種では、この段階でチェックしておくことがとても重要です。

null
翼についた筋肉の除去の仕方を学びました。適切な状態で保存するためには、手足や頭部についた虫に食われる可能性のある組織は取り除かないといけません。長く保存して利用される標本をつくるためには、根気よく作業を続ける必要があります。

今回は鳥が大きく脂がついている個体が多かったこともあり、完成にはいたりませんでしたが、標本作製において大事な皮むきの過程を体験していただくことが出来ました。今後もこのような講座を開催して、標本作製の方法について普及を進めていきたいと思います。講師の岩見さん、参加された皆さま、お疲れさまでした。
カテゴリ: General
投稿者: saito
20180310-themetalk20180310.jpg
 今日のテーマトークは、山階鳥類研究所自然誌研究室専門員の平岡考さんにお話いただきました。
 テーマは、「幻の絶滅鳥ミヤコショウビンの謎を追う」。山階鳥類研究所所蔵の標本資料の中で、ある意味で最も有名なミヤコショウビンについてのお話でした。この種が存在していたという証が、この標本1点だけということから、如何に希少な標本かが分かります。その希少さが、その存在根拠を薄いものとしていることも事実です。
 平岡さんは、ミヤコショウビンという種の存在をめぐる疑念の一つ、採集地について、採集者である田代安定の記録を追ったそうです。しかし、宮古島で採集したのか、あるいは別の場所(例えばグアム)で採集したのか、決定的な証拠は見つからなかったそうです。
 DNA分析により、いずれミヤコショウビンという種の真偽に決着が着く日が来るかもしれません。当時の時代背景を考えると、とにかく世界中の人跡未踏の地にどんな鳥が生息しているのかを把握することが鳥類学上重要で、新種を次々と発見し記載することにエネルギーが注がれた事が想像できます。そうした成果の一つ一つを糧に、現代の鳥類学は進歩して来たのでしょう。

※山階鳥類研究所のミヤコショウビンに関して、同研究所のホームページに平岡さんによる紹介記事がありますので、ぜひご覧ください。
http://www.yamashina.or.jp/hp/yomimono/shozomeihin/meihin17.html