カテゴリ: General
投稿者: someya
 7月22日(木・祝)、あびこ自然観察隊「手賀沼の魚をみよう」を実施しました。広報誌のみで広報を行い、申込制で参加者を募りました。
 手賀沼で採集し、どんな魚がいるのか観察しました。また、手賀沼親水広場内にある人口池のミニ手賀沼でも採集しました。新型コロナウイルス感染拡大防止対策と熱中症対策にご協力いただきながら、無事に観察会を終えることができました。暑い中、ありがとうございました。また魚のイベントに参加したいというお声をいただきましたので、今後も企画できればと思っています。
20210728-img_94191.jpg
自分で生き餌をつけて釣り開始
20210728-img_94272.jpg
みなさんモツゴをGET
かっこいいサングラスで日差し対策をされていました
20210728-dscn30713.jpg
仕掛けに入った魚の仕分け
以前はみなさんと一緒に仕掛けをあげましたが、桟橋の老朽化により、スタッフだけでの回収となりました
20210728-img_94394.jpg
日陰に入り採集した生き物を紹介
質問にもお答えしました
20210728-img_94435.jpg
魚を触るのが人生初という参加者も
魚とずっと遊んでいました

カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

7月17日に、2021年7月のテーマトークを実施しました。これまでと同様にYoutube liveを用いたライブ配信で行いました。今回は、山階鳥類研究所の岩見恭子さんに、「鳥の剥製作りを見てみよう」と題してお話しいただきました。
今回は、初めての試みとして、岩見さんが実際に標本を作られる様子をライブ配信しました。

まず、標本を作るために必要な材料と、製作の前に行う計測についてご紹介いただいたあと、さっそく実際の製作に入りました。今回は初心者向きといわれるアカショウビンを材料に、皮むきから縫い合わせるまでの一連の流れを見せていただきました。手元を写したカメラを使って、実際の作業上のポイントを見せていただきながら解説していただいたので、実際にどのように標本が作られているのかがよくわかりました。

標本を作るときに解剖によって生殖器を確認して性の識別を行う様子についても見せていただき、剥製の皮側には残さない骨や内臓なども、研究用のサンプルとして大切に保管されていることをご説明いただきました。

講演のあとに、視聴者のみなさんとチャット機能を用いて質疑応答が交わされました。標本を作るときの技術的な問題や、保存する際に注意すること、鳥の死体を拾った時にどうすればよいかなどについて、岩見さんに様々な角度からお答えいただきました。

今回のオンライン講演は、最大同時に280人の方に視聴いただきました。ご視聴いただいた皆様、ありがとうございました。今回のライブ配信の見逃し配信は行いません。

次回、8月のテーマトークは、山階鳥類研究所の油田照秋さんに、シジュウカラの社会関係やつがい外父性についてお話しいただく予定です。視聴方法などについては、山階鳥類研究所・我孫子市鳥の博物館ウェブサイトで改めてご案内します。次回もぜひご視聴ください。
カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

6月19日に、2021年6月のテーマトークを実施しました。これまでと同様にYoutube liveを用いたライブ配信で行いました。今回は、山階鳥類研究所保全研究室研究員の仲村 昇さんに、「冬眠に似た体温低下、鳥のトーパーとは?」と題して、主に海外で行われた研究の内容をお話しいただきました。

鳥や哺乳類は、体の温度を一定に保つ仕組みを持っている恒温動物です。特に気温の低い時期には体の温度を保つために大量のエネルギーを消費するため、哺乳類には冬眠を行うものが多く含まれています。冬眠と同様に、体のエネルギー消費を抑えて数時間〜数日の休眠を行うことを「トーパー」といいます。鳥類では普通の体温よりも5〜20℃ほど体温を下げ、エネルギーの消費を抑えるそうです。

トーパーを行うことが鳥類で最初に知られたのはアメリカに分布するプアーウィルヨタカでした。この鳥は、冬眠を行う唯一の鳥として知られていますが、実際に確実な冬眠が確認された例はそれほど多くないそうです。他にもヨタカのなかまでは、体の大きいオーストラリアガマグチヨタカを含む複数の種で、低温時にトーパーを行うことが知られています。他にも、ハチドリ類、アマツバメ類の多くの種でトーパーを行うことが知られており、ウズラ、ハト、フクロウ、ツバメ、シジュウカラなどの多様な鳥で実験室や野外での確認の報告があるそうです。

日本産鳥類ではほとんど研究が進んでいないトーパーですが、厳冬期に氷点下になるような環境にいる体の小さい小鳥であるキクイタダキ、ヒガラ、エナガなどの小鳥もトーパーを行っている可能性があるのではないか?とのことでした。

講演の後に、猛禽類でトーパーを行うものはいるのかについてや、低温で弱った鳥とトーパー状態の違いなどついて質疑応答が交わされました。

今回のオンライン講演は、最大同時に66人の方に視聴いただきました。ご視聴いただいた皆様、ありがとうございました。今回のライブ配信は、以下の同じURLから7月3日(土)までご視聴いただけます。
https://youtu.be/QI2Gg6YuIj4

次回、7月のテーマトークは、山階鳥類研究所の岩見恭子さんに、標本製作の様子を実際にライブ中継しながらお話しいただく予定です。視聴方法などについては、山階鳥類研究所・我孫子市鳥の博物館ウェブサイトで改めてご案内します。次回もぜひご視聴ください。
カテゴリ: General
投稿者: someya
 捕獲作戦が試みられていたミナミジサイチョウは、本日午後2時半頃に無事に捕獲されたとのことです。
 当館のミナミジサイチョウの剥製は常設展示室でご覧いただけます。ぜひご来館下さい。
カテゴリ: General
投稿者: someya
 話題沸騰中のミナミジサイチョウ。本来は日本の自然で見かける鳥ではなく、アフリカに生息する鳥です。どうやら飼育していた個体が逃げてしまったようです。
 2020年の春頃からミナミジサイチョウの目撃情報がありました。その場所は牛久、龍ケ崎、取手、我孫子、柏、流山、鎌ヶ谷、野田、三郷などなど。1年以上もこの辺りで快適に?暮らしているわけです。黒くて大きな姿は目立つようで「この鳥は何ですか」とのお問い合わせをいただきます。ミナミジサイチョウは全身ほぼ真っ黒で喉袋と目のまわりが赤く、翼の一部分が白いのが特徴です。歩きながら、ヘビ・カエルといった爬虫類などを採食しています。
 本日、捕獲が試みられた(鳥博ではありません)ようですが、どうなったのか気になります。
 鳥の博物館では、ミナミジサイチョウの剥製を展示しています(3階、世界の鳥コーナー)。間近でじっくり観察できます。ぜひご覧下さい。
20210604-img_88131.jpg
▲展示室のミナミジサイチョウ(剥製)
カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

5月15日に、2021年5月のテーマトークを実施しました。これまでと同様にYoutube liveを用いたライブ配信で行いました。今回は、山階鳥類研究所保全研究室研究員の澤祐介さんに、「ここまでわかった!東アジアのガン類の渡り」と題してお話しいただきました。

日本に定期的に渡来するガンの仲間は、マガン、ヒシクイ、コクガン、カリガネ、シジュウカラガン、ハクガンの6種です。これらの種の渡り経路については、どのくらいわかっているのでしょうか。

1980年代から行われた首環標識などを用いた調査によって、マガンやヒシクイの断片的な渡り経路は判明していましたが、追跡できた例数は多くなく、確実な繁殖地が不明なままの種があったり、保全の重要性の高い希少なガンについては情報が少ないままでした。

ガン・カモ専門の研究誌「Wildwowl」の2020年に出版された巻では、日本産のガン類を含む東アジアのガン・カモ類についての渡り経路や個体群動態の論文が掲載されました。今回はこの研究誌に掲載された最新の渡り経路の情報や、澤さんたちのこれからの研究の展望についてお話しいただきました。

これらの研究では、マガン62羽、ヒシクイ156羽(亜種オオヒシクイ22羽、亜種ヒシクイ134羽)、カリガネ19羽、コクガン11羽の追跡結果などをもとに、東アジアでの渡り経路がどのようになっているのかを報告しています。このうち、コクガンでは澤さんたちの研究によって、日本に渡来するコクガンの春と秋の渡り経路が異なること、野付半島が重要な中継地になっていることが分かったそうです。

将来の課題として、日本で越冬する個体の追跡数の少ないマガンの渡り経路の経年変化やヒシクイの繁殖地の特定、世界的に減少しているけれど日本では少しづつ数が増えているカリガネの追跡、東アジアで減少しているコクガンの正確な繁殖地を特定するための追跡、近年の保全活動で個体数が回復したシジュウカラガンやカリガネの追跡を行っていくことが挙げられるそうです。
これらの課題を解決していくためには、継続した調査を行う人材を各地に育成していくことが重要であることもお話しいただきました。

講演の後に、カリガネが世界的に減少しているのはなぜか、アジアのガンカモ類の個体数調査の信頼性はどのくらいかなどについて質疑応答が交わされました。

今回のオンライン講演は、最大同時に107人の方に視聴いただきました。ご視聴いただいた皆様、ありがとうございました。今回のライブ配信は、以下の同じURLから5月29日までご視聴いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=UF1eez4a45w

次回、6月のテーマトークは、山階鳥類研究所の仲村昇さんに、一部の鳥に見られる冬眠に似た体温低下であるトーパーについてのお話をしていただきます。視聴方法などについては、山階鳥類研究所・我孫子市鳥の博物館ウェブサイトで改めてご案内します。次回もぜひご視聴ください。

参考資料:

雁の里親友の会のウェブサイト
http://shibalabo.eco.coocan.jp/goose/index.htm

ガン・カモ類の研究専門誌「Wildfowl」の2020年号(東アジアのガン・カモ類の渡り・個体群動態の特集号)
https://wildfowl.wwt.org.uk/index.php/wildfowl

希少ガンのシンポジウム(見逃し配信中)
https://www.youtube.com/watch?v=7eQ9rCozLEI
カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

4月17日に、2021年4月のテーマトークを実施しました。これまでと同様にYoutube liveを用いたライブ配信で行いました。

今回は、山階鳥類研究所保全研究室専門員の千田万里子さんに、「その足環、いつ付けた?鳥類標識調査でわかる長期生存」と題してお話しいただきました。

鳥の寿命を知ることは、生活史を知るための研究においては重要です。しかし、鳥は比較的長寿命であるため、それぞれの種について単一の研究プロジェクトで調査するには限界があります。

鳥類標識調査は、野生の鳥に足環をつけて渡りや寿命を調べる調査です。鳥に足環をつけて放鳥し、その鳥が再び発見されたときに、つけた時点からの経過期間をさかのぼることで、鳥が生存していた期間を知ることができます。これは厳密な寿命とは異なる場合が多いのですが、「少なくともいつからいつまで生きていた」という客観的な情報を得ることができます。

標識調査はすべての鳥を対象にして継続して行われているので、鳥の寿命を総合的に調べる唯一の方法といえます。今回は、1961年から行われている日本の鳥類標識調査において、2017年までに得られた長期生存の記録をまとめた吉安ら(2020)の内容をもとにお話しいただきました。

世界で最も長寿の鳥の記録は、ハワイのミッドウェイ環礁で繁殖しているコアホウドリのメス(ウィズダムと名付けられています)で、2021年春時点で70歳以上だそうです。日本の鳥類標識調査でも長寿の種は海鳥や大型の鳥に多く、確認された最も長期生存の記録はオオミズナギドリの36年8か月だったとのことです。日本における足環の回収記録は一般の市民からの回収によるところが大きく、今後も継続してご協力をお願いしたいと呼びかけられていました。

講演の後に、視聴者のみなさまからチャットに長寿記録を知りたい鳥のリクエストを書き込んでいただき、ツバメ、ハヤブサ、アホウドリなど30種以上の鳥の長寿記録についてその場でお答えいただきました。また、鳥の平均的な寿命や標識調査の鳥類への影響などについても質疑応答が交わされました。

今回のオンライン講演は、最大同時に145人の方に視聴いただきました。ご視聴いただいた皆様、ありがとうございました。今回のライブ配信は、以下の同じURLから5月1日までご視聴いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=1g_YPiY5EAg

次回、5月のテーマトークは、山階鳥類研究所の澤祐介さんに、衛星追跡で明らかになったガン類の渡りについてのお話をしていただきます。視聴方法などについては、山階鳥類研究所・我孫子市鳥の博物館ウェブサイトで改めてご案内します。次回もぜひご視聴ください。

参考資料:
鳥類標識調査について(環境省ウェブサイト)
http://www.biodic.go.jp/banding/index.html

吉安京子・森本 元・千田万里子・仲村 昇 (2020) 鳥類標識調査より得られた種別の生存期間一覧.山階鳥類学雑誌.52(1): 21-48.

上記論文のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。
http://www.yamashina.or.jp/hp/ashiwa/news/202011saichoju.html

ヨーロッパの鳥類標識調査における長期生存記録一覧
https://euring.org/data-and-codes/longevity-list

北米の鳥類標識調査における長期生存記録一覧
https://www.pwrc.usgs.gov/bbl/longevity/longevity_main.cfm)
カテゴリ: General
投稿者: saito
 鳥の博物館は、開館以来公益財団法人山階鳥類研究所と協力関係にあり、学術的な面でアドバイスいただいたり、共催の事業を開催してきました。
 この度、この協力関係を確固とするため、山階鳥類研究所と我孫子市教育委員会との間で協定を締結し、今日(2021年3月23日)調印式が行われました。
 これから一層協力関係を深め、相互の活動が活性化することが期待できます。

20210323-kyouteityouin.jpg
山階鳥類研究所 壬生基博理事長(右)と我孫子市教育委員会 倉部俊治教育長(左)
カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

3月20日に、2021年3月のテーマトークを実施しました。これまでと同様にYoutube liveを用いたライブ配信で行いました。

今回は、山階鳥類研究所自然誌研究室専門員の小林さやかさんに、「古い標本が語るもの ―明治に米国スミソニアン博物館から送られた鳥類標本―」と題して、古い標本の歴史にまつわる研究のお話しをしていただきました。

山階鳥類研究所には約80,000点におよぶ日本最大の鳥類の標本コレクションが所蔵されており、100年以上前に製作された古い時代の標本も多く含まれています。そのうち、東京帝室博物館(現在の東京国立博物館)から学習院を経て寄贈されたものが3,300点以上も含まれています。

古い文書の記録をさかのぼると、東京帝室博物館と東京教育博物館(現在の国立科学博物館)は1877年と1887年の2回にわたってアメリカのスミソニアン博物館から合計1300点以上の鳥類標本の寄贈を受けていることがわかりました。そして、日米双方に保管されている台帳の照合から、それらの標本の大部分は山階鳥類研究所に現存していることが明らかになりました。

資料や台帳などの照合を行うことで、失われたり誤ってラベルに記入されていた情報を復元することができたとのことです。たとえば、山階鳥類研究所で最も古い標本と思われていた1779年に採集されたとラベルに記されていたアメリカオグロシギの採集年は、正しくは1879年だったことがわかりました。

これらの標本群には、カロライナインコなどの絶滅種や、リュウキュウヒヨドリ、リュキュウカラスバトなど日本産鳥類のタイプ標本(種や亜種の記載のもとになる学術的に重要な標本)が含まれています。これらは、日本側から分類学的に重要な標本を送った対価として贈られたものではないかとのことです。また、著名な人物が採集した標本として、第26代アメリカ大統領のセオドア・ルーズベルトや作家のW.H.ハドソン、鳥類図譜の制作者であるジョン・グールドが採集・収集した標本などが見つかったとのことでした。

講演の後には、標本をやり取りしていた日本側の担当者は誰だったのか、当時の交換にあたっての標本の収集方針などはあったのかなどについて質疑応答が交わされました。

今回のオンライン講演は、最大同時に42人の方に視聴いただきました。ご視聴いただいた皆様、ありがとうございました。今回のライブ配信は、以下の同じURLから4月3日までご視聴いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=tppgNOFvBSA

次回、4月のテーマトークは、山階鳥類研究所の千田万里子さんに、標識調査で明らかになった鳥の寿命についてのお話をしていただきます。視聴者のみなさんが寿命を知りたい鳥の種類をチャットでリクエストしていただき、それにお答えする形式でのお話も予定しています。視聴方法などについては、山階鳥類研究所・我孫子市鳥の博物館ウェブサイトで改めてご案内します。次回もぜひご視聴ください。

参考資料:
小林さやか・加藤 克 (2017) 明治・大正期に収集された国立博物館の鳥類標本コレクションの検証―山階鳥類研究所所蔵の帝室博物館旧蔵鳥類標本の歴史的背景とその評価―.日本動物分類学会誌 43: 42-61.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/taxa/43/0/43_42/_article/-char/ja/

小林さやか・加藤 克 (2020) 東京帝室博物館旧蔵鳥類標本コレクションの歴史―スミソニアン米国立博物館に由来する標本に注目して―.日本動物分類学会誌 49: 45-55.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/taxa/49/0/49_45/_article/-char/ja/

山階鳥類研究所標本データベース
https://decochan.net/
カテゴリ: General
投稿者: someya
 本日、取材がありました。北千葉導水路※が20年経過したことから、改めてその効果や重要性を広く認知してもらおうとデジタルコンテンツを作成されるそうで、鳥の博物館からは木下館長(写真右)がインタビューを受けました。館内の様子を紹介すると共に、手賀沼の変遷ついて話をしました。
20210319-img_73991.jpg
20210319-img_74002.jpg
20210319-img_74033.jpg
20210319-img_74064.jpg
 完成したデジタルコンテンツは沿川の方々や地方公共団体などが閲覧の対象とのことです。完成が楽しみです。

※北千葉導水事業の背景と目的
・首都圏の人口増加等にともない水需要が増加し、水不足が深刻化。
 →都市用水の供給が必要
・ 手賀川・坂川流域の急速な都市化等により、内水被害が増大。
 →手賀川及び坂川流域の内水排除
・ 昭和49年から27年連続で全国の湖沼ワースト1。
 →手賀沼及び坂川の急速な水質浄化が必要