カテゴリ: General
投稿者: odaya
5月14日(日)にバードウィーク手賀沼探鳥会を実施しました。当日は小雨のちらつく始まりとなりましたが、雨はすぐに上がり、手賀沼沿いを歩いてバードウオッチングを楽しみました。

null
開始してまずは手賀沼の水面にいる鳥を探します。ここからはオオバンやカワウが見られました。

null
近くで見られたコブハクチョウの親子。ヒナの姿はかわいいものですが、一方で、この時期は水田に入って田植えしたばかりの稲を食べたり踏み倒したりする被害も出ています。

null
ヒメガマの中にいるオオバンをスコープで観察します。我孫子野鳥を守る会のみなさんのサポートで、初めての方も多くの鳥を見ることが出来ました。

null
シジュウカラが桜の枝で採食しているのを観察しています。何匹か加えると林の方へ飛んで行きました。ヒナに餌を運んでいるところだったのでしょう。

null
ツツジの植え込みの中から延びた細いエノキにアカボシゴマダラの幼虫がいるのを参加者の方が見つけてくれました。観察会ではゴマダラチョウと誤って説明してしまいましたが、背中の突起がよく見ると4つあること、尾の先端が閉じていることからアカボシゴマダラでした。訂正してお詫びします。

一般の方38名、我孫子野鳥を守る会から38名の参加があり、全てのグループ合わせて34種類の鳥を観察することが出来ました。
カテゴリ: General
投稿者: saito
20170513-thematalk20170513.jpg
 今日は、山階鳥類研究所副所長であり保全研究室室長の尾崎清明さんが「なぜアホウドリやトキを保護するのか?」というテーマでお話してくださいました。
 改めて、鳥をなぜ保護するのか問われると、人によってさまざまな考えがあることに気づきます。
 ・絶滅した種は取り戻せない。生物多様性を維持する事は大事。
 ・人間活動が原因で絶滅の危機に追い込んだものは人間の責任において復活させる。
 ・豊かな人間生活を送る上でその種が存在することには意義がある。
 尾崎さんは、そのほか人により色々な理由が挙げられることを示してくださいました。
 また、尾崎さんがこれまで携わってこられたアホウドリとトキの保護活動のこれまでの経緯や色々な人の考え方や行動の事例が紹介されました。保護活動には多くの人の努力と費用と年月がかかることを再認識させられました。
 最後に、尾崎さんが時々見るという、どこか見知らぬ田園風景の中にトキがたたずむシーンと、これが正夢となりそうな最近の事例が紹介され、保護活動に長年中心的に携わってこられた尾崎さんがイメージする理想の将来像を共有することができました。
 折しも今日はバードウィークのなか日、鳥と人との関わり合いについて思いを巡らせてみるのも意義あることだと思います。

May10日Wednesday: 幼稚園団体来館

カテゴリ: General
投稿者: someya
鳥の博物館は大人からお子さままで、さまざまな団体の方にご利用いただいています。
本日来館いただいた幼稚園団体さまの様子を少し紹介。

20170510-dantai1.jpg
体験学習室で鳥のぬり絵をお楽しみ中です

20170510-dantai2.jpg
スズメのぬり絵です
やっぱりスズメは茶色だね
20170510-dantai3.jpg
なっ!かなりカラフルなスズメもいました

みなさんきれいに塗れていました。
ぬり絵は常時お出ししていて、どなたでも自由にご利用いただけます。
団体で利用されたい時は来館申し込みの際にお申し出下さい。

May10日Wednesday: 鳥凧教室

カテゴリ: General
投稿者: someya
5月5日の子どもの日に鳥凧教室を実施しました。このイベントは鳥の博物館友の会の鳥凧同好会と鳥博が共催で行っています。友の会のメンバーに加え、市民スタッフも一緒に手順説明をしました。鳥凧とは鳥形の凧で、軽くてよく揚がるのでお子さまでも気軽に楽しめます。
イベントの様子をご紹介。
20170510-toridako1.jpg
説明を聞いて…
20170510-toridako2.jpg
作業に取りかかります
20170510-toridako3.jpg
できあがりました
20170510-toridako4.jpg
作品を持ってみんなで写真を撮りました
ビニールがカラフルできれいです

次回、鳥凧教室は来年1月8日に実施予定です。
カテゴリ: General
投稿者: muramatsu
今年もゴールデンウィーク恒例の工作イベント「飛べ!鳥の紙ひこうき」を
開催しました。

20170505-1.jpg
折り紙ひこうきと違い、厚紙を切って角度をつけて作る機体で、
ゴムの力で大空高く飛ばすことができます。

20170505-2.jpg
まずは室内で講師の方から紙ひこうきや鳥のお話を聞きながら機体作り。

20170505-3.jpg
20170505-__.jpg
その後は外で飛行練習!少し風が強かったですが、皆さん上手に飛ばせて
いました。

20170505-4.jpg
この日は、海外の折り紙ひこうきの大会に日本代表として出場した方も
ゲストで来てくれました!参加者の皆さん、一挙手一投足に興味津々。

20170505-5.jpg
また来年も開催予定なので、皆さん、是非ご参加ください!

May 4日Thursday: ヨシノボリの威嚇

カテゴリ: General
投稿者: someya
鳥博の3階ベランダでは手賀沼で見られる水生生物を展示している小さなコーナーがあります。
その中の一つ、ヨシノボリの仲間を紹介します。隠れ家に使えるように石を入れていますが、水槽にいる3匹ともその場所が好きなようで、一見何もいないように見えることがあります。
20170504-yoshinobori1.jpg
ヨシノボリの仲間。顔の赤い線が特徴です。
20170504-yoshinobori2.jpg
じっと見ていたら威嚇してきました。
口を開けて背びれをたてています。もっと大きな口を開けていましたが、その瞬間は逃してしまいました。
毎年産卵していますので、今年も見られることを楽しみにしています。
カテゴリ: General
投稿者: odaya
20170411-20170408_141405.jpg

4月8日(土)に、新年度最初のテーマトークを実施しました。テーマトークは、山階鳥類研究所の研究員の方に、最新の鳥に関する研究の内容をわかりやすくお話しいただくイベントで、毎月第2土曜日の午後から、鳥の博物館で開催しています。

今回は、森本元さん(山階鳥類研究所 保全研究室・自然誌研究室研究員)に「生き物の不思議を暮らしに活かす『バイオミメティクス』〜鳥の色の話題を中心に〜」と題してお話しいただきました。

バイオミメティクスとは、耳慣れない言葉ですが、「生物の持つ機能を模倣する科学」という意味です。最近の技術開発によって、私たちの暮らしにも多くの模倣がとり入れられています。たとえば、オナモミの種子の表面を模倣して作られたマジックテープや、フクロウの風切羽にある突起を模倣して作られた電車のパンタグラフなどはその例です。

私たちが鳥から学べることは、羽毛の機能である保温や飛翔などいろいろありますが、森本さんたちは羽毛の色に着目しました。現在使われている塗料は光沢を出すために金属が混じっていることが多いために重く、紫外線などで色あせてしまいます。一方、鳥の羽毛は軽く、色あせにくいという特徴があります。鳥の羽毛を模倣できれば、より優れた着色の方法を開発出来るかもしれません。

鳥の羽毛の発色には大きく分けて3つあります。(1)メラニン色素によるもの、(2)餌由来のカロテノイドによるもの、そして(3)構造色によるものです。構造色とは色素が直接介在せずに作りだされる色で、メラニンやケラチンなどのたんぱく質の分子の配列によって一部の光は強まり、他の光は弱まるような干渉を受けることで作りだされています。鳥が羽毛に持つ青色は、そのほとんどが構造色による発色です。

森本さんは千葉大学の研究グル―プとの共同研究で、クジャクの羽毛の分子の配列を模倣して、構造色によってさまざまな色に発色する材料を作りだすことに成功しました。また、キラキラと輝く構造色と、そうではない構造色をつくり分けることが出来ることも発見されました。

この研究が今後実用化されれば、構造色をいろいろな製品に応用できるかもしれません。私たちが生きものたちから受けることが出来る恩恵にはいろいろな可能性が秘められていることを感じたお話でした。森本さん、ありがとうございました。

April 6日Thursday: フクロウコーナー設置

カテゴリ: General
投稿者: someya
鳥博巣箱で今シーズンもフクロウが子育てをはじめました(詳しくは「とりはく自然通信」を参照)。
鳥の博物館では我孫子市のある場所にフクロウの巣箱をかけ、中にカメラを設置しています。子育ての様子はライブ映像でご覧いただけます。鳥博ホームページでも見られますが、オススメは館内の特設フクロウコーナーです。こちらでは音声も一緒に楽しめます。フクロウがどんな声で鳴いているのか、ヒナがどんな声でエサをねだるのか、鳥の博物館で確認を!
20170406-fukurou.jpg
カテゴリ: General
投稿者: odaya
3月26日に、博物館の市民スタッフと友の会の方を対象に、標本の製作講座を実施しました。山階鳥類研究所 自然誌研究室の岩見さんを講師にお迎えし、14名の参加者のみなさんに小形の鳥の仮剥製標本の製作に挑戦してもらいました。

20170330-s-20170326_100332.jpg
製作の前に、岩見さんから、標本とは何か、また標本の活用方法についてお話しいただきました。博物館では標本の収集を継続的に進めていくことが重要ですが、現在は技術を学べる場所が少なくなっていることから、標本の作り手不足が問題になっています。

20170330-s-20170326_130848.jpg
一つ一つの手順を見せてもらってから実際に手元の鳥で作業する、という繰り返しで、少しずつ作業を進めていきました。山階鳥類研究所では、仮剥製を作る時も鳥の骨格を出来るだけ壊さないように作業されていて、将来的に最大限に活用できるように工夫されていました。

博物館に持ち込まれる鳥は、事故などに遭って死んでしまったものもいます。皮が破れていたりして苦戦した方もいましたが、何とか半分ほどの方が最後まで製作することができました。

また来年度もこのような機会を設け、標本に関わる人の環を広げていければと思っています。講師をつとめていただいた岩見さん、参加されたみなさま、ありがとうございました。
カテゴリ: General
投稿者: odaya
3月20日(月・祝)に、あびこ自然観察隊「春の谷津田観察会」を実施しました。里山の景観が残されている岡発戸・都部の谷津を歩きました。大人22名、子ども9名の参加がありました。

東我孫子から5分ほど歩くと、谷津の入口に着きました。向かいの斜面のササやぶからは、ウグイスの「ホー、ホケキョ」というさえずりが聞こえてきます。

20170320-____________.jpg
丈の低い草地の中を探すと、コロコロした茶色い草の固まりが見つかりました。これはノウサギのフン。夜の間にここにやってきているようです。

20170320-niwatoko.jpg
ニワトコのブロッコリーのような蕾(つぼみ)をみんなで観察しました。

20170320-namitento.jpg
20170320-musarasaki.jpg
暖かい日差しに誘われて、ナミテントウやムラサキシジミなど、成虫で冬を越している虫たちも多く見られました。

20170320-nichiakaegg.jpg
ニホンアカガエルの卵とオタマジャクシを観察しました。現在では多くの水田で冬に水が落とされてしまうため、アカガエルやヒキガエルなどの冬から春に産卵するカエルの仲間は限られた場所でしか見られなくなってしまいました。

20170320-itachi.jpg
橋の近くで見つけたイタチと思われる哺乳類のフン。白っぽい小鳥の羽毛やザリガニの殻などが入っていました。

20170320-kijibatosu.jpg
梅林で見つけたキジバトの巣。他の鳥に比べて粗雑な作りです。東我孫子駅の近くではさえずっている雄も見られました。

12時ごろまで谷津田を一回りし、多くの生き物を観察することが出来ました。参加されたみなさま、ありがとうございました。また鳥の博物館の自然観察会にぜひご参加ください。