カテゴリ: General
投稿者: saito
20161220-tegatan.jpg
晴天の下、紅葉を見ながらの快適な観察会でした。

20161220-ityou_hounoki.jpg
観察会のテーマは「葉」。全体の輪郭や葉脈の走り方など、いろいろな樹木の葉の形の特徴を観察しました。写真は、ホウノキとイチョウの葉です。

20161220-soyogo.jpg
鳥に食べられそうな赤い木の実もありました。写真は、植栽されたソヨゴ(モチノキ科)です。

20161220-palethrush.jpg
冬鳥のシロハラがハゼノキの果実を食べていました。

20161220-stoppiont.jpg
冬鳥ツグミの話で観察会を締めました。

カテゴリ: General
投稿者: odaya


JBFの2日目、鳥博2階多目的ホールにてJBFゲストトークを行いました。「はばたけ!しんはま!!〜行徳野鳥観察舎と行徳鳥獣保護区のお仕事〜」と題して、野長瀬雅樹さん(NPO法人行徳野鳥観察舎友の会主任研究員)にお話しいただきました。

かつての東京湾には広大な干潟が広がっていましたが、保護活動によってわずかに残された場所の一つが行徳鳥獣保護区です。鳥獣保護区では湿地環境の復元が行われ、鳥類の生息場所として適した環境を目指して整備が行われています。保護区の鳥類の調査では、一般的な鳥類の生息状況調査に加え、最近ではカモメ類の標識調査が行われ、日本で越冬するセグロカモメの繁殖地の解明などの研究で成果をあげられています。また、千葉県内で唯一の傷病鳥の保護施設である野鳥病院を併設しており、年間約400羽の鳥を受け入れて野生復帰を目指して保護しています。こうした活動を軸に、環境教育活動を展開していて、多くの市民の方に鳥を通じて環境を守ることの大切さを伝えいる施設です。

ところが、2015年末をもって、行徳野鳥観察舎は耐震強度が弱いことを理由に無期限の休館になってしまいました。現在、野鳥病院と保護区の管理、観察会などの業務は継続されていますが、観察舎の再開は未定とのことです。鳥の魅力を多くの人に伝える素晴らしい施設が、1日も早く再開されることを願ってやみません。

ゲストトークにはのべ37名の方に来場いただきました。参加いただいたみなさま、講演を引き受けていただいた野長瀬さん、ありがとうございました。
カテゴリ: General
投稿者: odaya
20161106-20161105_133306.jpg

JBFの1日目、アビスタ会場にて第26回鳥学講座を行いました。今回は「コアジサシ保全活動の現場から」と題して、北村亘さん(東京都市大学講師 / NPO法人リトルターン・プロジェクト代表)にお話しいただきました。

コアジサシは、小形のカモメの仲間で、夏になると南太平洋から日本に渡ってきて繁殖します。かつては日本全国で数多く見られましたが、近年では巣を作る裸地の環境が安定していないことなどから個体数が減少し、環境省のレッドリストでは絶滅危惧種に指定されています。北村さんたちのグループでは、2001年に東京都大田区の森ヶ崎水再生センターの屋上でコアジサシが営巣しているのを発見したのをきっかけに、この場所での保全活動を始めました。

森ヶ崎でのコアジサシの個体数を増加させるために、様々な対策が行われました。何もなかったコンクリートの屋上に土を入れ、生えてくる草本を抜いてコアジサシに好まれる環境が作られました。北村さんたちは、白い貝殻を撒くと地表面の温度が下がり、コアジサシに好まれることを実験によって発見しました。コアジサシは大きなコロニーで繁殖するため、内山春雄さん・我孫子市中学校と協力してコアジサシのデコイを作り、誘引を行いました。また、捕食者であるカラスやネコから守るために、シェルターやカゴによる保護活動も展開したそうです。
こうした様々な保全活動により、ここ数年は森ヶ崎のコアジサシの個体数は1000羽を越え、安定した生息地となりました。現在の日本では最大の繁殖地だろうということです。

こうした保全活動は、市民のボランティアによる協力と、森ヶ崎水再生センター、大田区との協働によって行われています。リトルターンプロジェクトでは、こうした市民科学の取り組みの成功例として、他の団体にもそのノウハウを広めていきたいとのことでした。今後、日本のあちこちで繁殖するコアジサシを保全していくためのネットワークができることを楽しみにしています。

講演会には89名の方に来場いただきました。参加いただいたみなさま、講演を引き受けていただいた北村さん、ありがとうございました。
カテゴリ: General
投稿者: saito
20161008-themetalk20161008.jpg
 今回は、公益財団法人山階鳥類研究所自然誌研究室専門員の小林さやかさんに、「明治期の標本が語るもの−絶滅鳥カロライナインコ−」についてお話いただきました。
 山階鳥類研究所が所蔵するカロライナインコの剥製標本3点の中の1点は、明治期に国立科学博物館が所蔵していた標本で、東京帝室博物館とアメリカのスミソニアン博物館と山階鳥類研究所の3つのラベルが付されています。それぞれのラベルには、標本番号はありますが、採集地や採集日に関する詳細なデータは書かれていませんでした。そこで、小林さんは、ラベルの標本番号をたよりに、国内外の各施設の標本台帳を調べ、この資料が、アメリカのフロリダ州シャーロット・ハーバーでジェームズ・ベルによって採集され、1881年8月11日に登録された標本であることをつきとめました。また、1882年のスミソニアン博物館の年次報告に、ジェームズ・ベルがフロリダで鳥類と爬虫類を採集した記録も見つけたそうです。
 長年かけて集積された標本は、時代の趨勢により保管施設が移り変わり、付帯する情報も消失しがちですが、現時点で可能なかぎりの情報を集約し、標本のデータベースを構築しておくことは、後生に活きる大切な仕事だと思いました。また、標本ラベルの情報から、付加情報を次々にたどっていく作業のお話には、さまざまな情報を整理しながら推理する探偵のような醍醐味を感じました。
カテゴリ: General
投稿者: odaya
9月3日夕方に、あびこ自然観察隊「鳴く虫観察会」を実施しました。

20160904-s-dsc_7714.jpg
まず、博物館前の草地で鳴く虫の仲間を捕まえました。草の中を動き回る昆虫を捕まえるのは大変ですが、みなさんがんばって何種類か採集できました。昆虫以外にも、カナヘビやアマガエルなどの生き物も捕まえて観察できました。

20160904-s-dsc_7717.jpg
捕まえたあと、博物館の玄関で何が捕れたか調べました。コオロギの仲間ではエンマコオロギやオカメコオロギ、キリギリスの仲間ではツユムシやウスイロササキリ、バッタの仲間ではショウリョウバッタやコバネイナゴなど14種のバッタの仲間を捕まえることができました。

20160904-s-dsc_7727.jpg
館内で虫の鳴き声について予習した後、暗くなりはじめた草地に出て虫の声に耳をすませました。草地からはエンマコオロギ、オカメコオロギ、シバスズ、木の上からはアオマツムシ、カンタン、ツヅレサセコオロギなど、合わせて10種の鳴く虫の声を聞くことができました。
また、親水広場の上を飛ぶアブラコウモリや餌場へ向かうゴイサギなど、夜行性の生き物のくらしの一部も垣間見ることができました。

身近な草地にも、多様な昆虫がすんでいることを感じてもらえたと思います。
日没後は涼しい日も増えてきた今日この頃、夜に窓をあけて虫の声に耳を澄ませてみてはいかがでしょうか?
カテゴリ: General
投稿者: someya
 夏のイベントの様子、まだまだご紹介します。

「ばしゃばしゃペンギン」ペットボトルの工作が水の上をスイスイ♪
20160903-img_7891____________.jpg
20160903-img_7723____________.jpg
20160903-img_7896____________.jpg

「実物大!羽図鑑をつくろう」羽を見つけたら図鑑を使ってみてね。
20160903-img_7763________.jpg
20160903-img_7767________.jpg

「土壌生物クマムシを観察しよう」土の中の生き物観察をしました。クマムシも発見!
20160903-img_7854__________.jpg
20160903-img_7860__________.jpg

「くるくる鳥ひこうき」くるくるあがっていく飛行機。みんなで飛ばしました。
20160903-img_7910__________.jpg
20160903-img_7907__________.jpg
20160903-img_7911__________.jpg

カテゴリ: General
投稿者: someya
 毎年夏休みに実施しているイベント「夏の遊びと研究大集合」が終了しました。全9回、多くの方にご参加いただきました。ありがとうございました。来年もお楽しみに!
 各回のイベントの様子をご紹介します。

「ゴーストミミズク」魔女も登場しました。
20160903-__________.jpg
20160903-img_7640__________.jpg
20160903-img_7635__________.jpg

「ブーブーカモ笛」面白い音色に思わず笑ってしまいました。
20160903-img_7820__________.jpg
20160903-img_7649__________.jpg

「メダカでアクアリウム」持ち帰ったメダカは元気ですか?
20160903-img_7677________.jpg
20160903-img_7702________.jpg

August17日Wednesday: 夏休みイベント開催中です

カテゴリ: General
投稿者: muramatsu
夏休みの恒例イベント「夏の遊びと研究大集合」が毎週土日に開催中です。
鳥をテーマにした工作や生き物の観察など夏休みの自由研究のヒントになる
ようなイベントが盛りだくさんです!8月初めから始まったこのイベントは、
これまでに200人以上の方々に参加していただいています。

20160817-______________________2016.jpg

今週末のイベントは「ブーブーカモ笛」(土曜)と
「土壌生物クマムシを観察しよう」(日曜)です。

20160817-______________.jpg
「ブーブーカモ笛」
風船を膨らませると元気よく鳴くカモ笛です。

20160817-__________________________.jpg
「土壌生物クマムシを観察しよう」
様々な環境の土から土壌生物を探して観察します。
最後は実際にクマムシを観察しながら、その生態についてお話しします。

夏休みも後半!ぜひ鳥の博物館に遊びにきてください!
時間:13時30分から約1時間(13時25分開場)
定員:30人(先着順)

カテゴリ: General
投稿者: saito
20160813-themetalk20160813.jpg
 今日のテーマトークは、山階鳥類研究所自然誌研究室の齋藤武馬さんにお話いただきました。テーマは、「ミソサザイってどんな鳥?こんな鳥」でした。
 かつての分類では、ユーラシア大陸、北米大陸にミソサザイという一つの種が分布することになっていましたが、近年の分子系統解析により、北米大陸のミソサザイの類縁が遠く、また北米の東西でも系統が二分されるということで、Eurasian Wren、Winter Wren、Pacific Wrenの三種に分けられるようになったそうです。
 また、日本国内に分布するEurasian Wrenは、絶滅した亜種ダイトウミソサザイを含めて、亜種ミソサザイ、亜種モスケミソサザイ、亜種オガワミソサザイの4亜種に地域別に分類されていますが、分子系統解析では、伊豆諸島に分布する亜種モスケミソサザイだけが大きく類縁が遠いとのことでした。
 さらに、国内のミソサザイのさえずりの研究も紹介され、渓流の音のような雑音の多いところで繁殖するミソサザイのさえずりほど大きな声で鳴き、沢から離れた山で繁殖するものは変化に富んだ声でさえずる傾向があるそうです。
 繁殖生態についての説明もあり、はじめオスが外装だけの巣を何カ所か造り、そこを気に入ったメスが内装を造り、その後の抱卵、育雛もメスだけが行うそうで、これまで一夫四妻まで知られているとのことでした。同じように小型の小鳥のセッカも一夫多妻で繁殖することが知られていて、これと比べた子育て戦略も興味深いお話でした。
 ミソサザイという鳥の生物学に関する総合的なお話で、この鳥に対する興味と理解が進みました。
カテゴリ: General
投稿者: odaya
8月3日に、我孫子市役所手賀沼課と共催で、表題の観察会を実施しました。小学生7名、保護者4名の参加がありました。

20160809-20160803_135913.jpg
自分たちで作ったプランクトンネットを使って採集しました。雷が遠くで鳴りだしたため、採集を切り上げざるを得なかったのは残念でした。

20160809-20160803_143443.jpg
採集したプランクトンを鳥の博物館の館内に持ち帰り、顕微鏡で観察しました。写真は講師の柄澤先生から顕微鏡の使い方の説明を聞いているところ。実際に自分たちでとったプランクトンも見ることができました。

20160809-20160803_125930.jpg
プランクトン観察の前には、船で手賀沼を1周して水鳥を観察しました。船に驚いて飛びだしたハクレンなどの魚を狙ってカワウが船についてきたのが印象的でした。
<   2017-01   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031