カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

10月16日に、2021年10月のテーマトークを実施しました。これまでと同様にYoutube liveを用いたライブ配信で行いました。今回は、鳥の博物館の小田谷が「ヤマシギの越冬期の暮らし」と題してお話ししました。

水鳥のシギの仲間は主に水辺にすみ、歩いて水の中に入って餌をとることの多い鳥です。しかし、ヤマシギは森林や草地を主な住みかとするちょっと変わった鳥で、夜行性の暮らしに適応した様々な特徴を持っています。秋になると越冬地の関東地方に渡ってきますが、夜行性であるために国内におけるその生態はあまりよく知られていませんでした。

2012年秋から2021年春までに2か所の利根川下流域の調査地を中心に336羽に足環を付けて放鳥し、のべ106羽を再び捕獲しました。それらの捕獲データから、ヤマシギは同じ場所に比較的戻ってくること、12月〜2月が主要な越冬期であること、幼鳥の渡来時期や割合は年によってばらつきがあることなどがわかりました。また、放鳥した個体のうち2羽がサハリンで繁殖期に回収されたことから、関東地方で越冬する個体の繁殖地の一つであることが示唆されました。
これらの基礎的な情報をもとに、さらにヤマシギの越冬期の生活史に関する研究を進めたいと思っています。

講演のあとに、視聴者のみなさんとチャット機能を用いて質疑応答が交わされました。「ダンス」を行うのはアメリカヤマシギだけか、狩猟鳥として十分な個体数がいるのか、成鳥と幼鳥で嘴の長さに違いがあるかなどについて質疑応答が交わされました。

今回のオンライン講演は、最大同時に135人の方に視聴いただきました。ご視聴いただいた皆様、ありがとうございました。今回のライブ配信は、10月30日(土)まで以下のURLより見逃し配信を行います。
https://youtu.be/elPIuqJb1gI

11月のテーマトークはお休みです。次回、12月のテーマトークは、山階鳥類研究所コレクションディレクターの鶴見みや古さんに、山階芳麿博士の著書「日本の鳥類と其の生態」の関連資料についての調査結果をお話しいただきます。配信方法などについては、山階鳥類研究所・我孫子市鳥の博物館ウェブサイトで改めてご案内します。次回もぜひご視聴ください。
カテゴリ: General
投稿者: odaya
null
写真:移動記録装置を装着されたハリオアマツバメ(撮影:今野怜さん)

2021年10月2日(土)に、令和3年度の鳥博セミナーをオンライン配信にて開催しました。今回は「ハリオアマツバメの繁殖生態と渡り研究の最前線」と題して、酪農学園大学准教授の森 さやかさんにお話しいただきました。

ハリオアマツバメは大型のアマツバメの仲間で、日本では夏鳥として北海道や本州の高地に渡来します。空中で昆虫をとらえて食べる生態や長い鎌形の翼などの形態はツバメによく似ていますが、実はスズメ目のツバメとは類縁が遠く、ヨタカやハチドリに近い仲間です。
本種は世界で最も早い速度で水平飛行ができる鳥といわれており、その飛行速度は時速170kmに達するとされることもあるようです。しかし、その計測方法などは公表されておらず、実際にどのくらいの速度で飛ぶのかは、実はまだはっきりとわかっていないそうです。

日本におけるハリオアマツバメの生態については、森さんの共同研究者である米川さんが1980年代から長年研究を続けてこられ、本種が木の洞を好んで利用すること、体のわりに非常に大きな木の洞を利用することが明らかになってきました。森さんたちは、生態研究をさらに進めるために、さまざまな条件で巣箱の利用率や繁殖の成功率を調査され、試行錯誤しながら改良を重ねているそうです。

十勝平野にかけた巣箱で繁殖しているハリオアマツバメに移動記録装置を装着して調べたところ、高い飛翔能力を活かして、最大で50平方キロメートルほどの範囲で餌を取りに行っていることが明らかになりました。餌生物は主にハチ目の昆虫で、そのほとんどは結婚飛行中のケアリ属だそうです。羽アリの出す性フェロモンを嗅覚で感知している可能性が、野外実験によって示唆されたそうです。

渡りを調べるための小型の機器であるジオロケ―タを2020年までに25個体に取り付け、そのうち5個体から渡り経路のデータを得ることができたそうです。北海道から越冬地のオーストラリアまでを往復し、大きく8の字を描くルートで春と秋で異なる経路を通って渡りをしていることが明らかになりました。
今後は、繁殖、採食、渡りなどのさまざまな謎を明らかにし、空の生活者としてハリオアマツバメがどのように暮らしているのかを明らかにしていきたいとのことです。

講演のあとには、ハリオアマツバメの尾羽の“針”の機能、巣箱の利用率を高め、捕食率を下げるにはどうしたらよいか、渡りの時に飛ぶ速さなどについて、多くの質問が寄せられ、森さんにお答えいただきました。
今回の鳥学講座は、最大同時に175人の方にご視聴いただきました。お話しいただいた森さん、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

今回の講演は10月9日(土)まで、鳥の博物館のYoutubeチャンネルにて見逃し配信を行っています。ご興味があるけれど見逃した方や、もう一度見たい方は以下のリンクからご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=hVMz4EGcQyg

企画展「鳥のチャンピオン」では、今回ご紹介いただいたハリオアマツバメを含む様々な鳥たちのすごい能力についてご紹介しています。11月28日(日)までの開催ですので、ぜひ鳥の博物館にもお越しください。


★参考資料
・今回の講演のレジュメ(PDF直リンク)
http://www.city.abiko.chiba.jp/bird-mus/gyoji/event/index.files/torihaku_seminar202109.pdf

・米川さんによるハリオアマツバメの動画
https://www.youtube.com/watch?v=1SPpRKoVViA&t=1s

・ハリオアマツバメの渡り経路の研究のプレスリリース
https://www.rakuno.ac.jp/archives/14797.html
カテゴリ: General
投稿者: someya
 本日より、ミュージアムショップにて、オリジナルペットボトルホルダーの販売を始めました。
 ペットボトルはもちろんのこと、サイズによってはタンブラーも入ります。ストラップはお好みに合わせて、ショルダーベルトに付け替えることも可能です。内側にアルミシートはついていませんが、気になるペットボトルの水滴を吸収してくれます。
 カラフルな糸を使い、作家さんが丁寧に編んだハンドメイド品です。スズメのイラスト入りオリジナル缶バッジ付きです。ホルダーとバッジは生き物好きな姉妹のコラボ商品です。飲み物を手放せないこの時期にオススメの一品です。
20210829-botoru1.jpg
▲ペットボトルホルダー
 カラフルなラインナップ
20210829-botoru3.jpg
▲ミュージアムショップにて1,300円で販売中
20210829-botoru2.jpg
▲スズメのイラスト入りバッジがついています

カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

8月21日に、2021年8月のテーマトークを実施しました。これまでと同様にYoutube liveを用いたライブ配信で行いました。今回は、山階鳥類研究所の油田照秋さんに、「いかに自分の遺伝子を残すか 〜シジュウカラの繁殖戦略〜」と題してお話しいただきました。

鳥類は90%以上の種が一夫一妻の繁殖形態を持ちますが、1990年代からDNA解析による親子判定の研究が行われるようになると、その75%もの種でつがい相手以外の雄との子を残す「つがい外父性」と呼ばれる現象が発見されました。このような現象は一般的にみられることから、鳥類の繁殖システムの進化を研究する上で無視できないと考えられています。

雌がなぜつがい外交尾をして、つがい相手以外の遺伝子を自分の子に残そうとするのかについては、さまざまな仮説が提唱されていますが、その一つが、確実に卵を受精させるため、というものです。油田さんたちは、北海道で繁殖するシジュウカラを用いた操作実験で、この仮説を検証しました。

巣箱で繁殖するシジュウカラの1回目の繁殖で卵を擬卵に置き換えて繁殖を失敗させると、2回目の繁殖の時にヒナにどのくらいつがい外の雄の父性が含まれるのかを調べられました。その結果、1回目の繁殖で擬卵に置き換えたペアでは、2回目の繁殖の時により多くのつがい外父性が含まれる傾向があることがわかりました。このことは、1回目の繁殖がうまくいかなかったことを受けて、雌が確実な受精をするために積極的につがい外の雄と交尾を行っていることを示唆しています。この研究は、初めてこの仮説を実験的に検証したものといえるそうです。

講演のあとに、視聴者のみなさんとチャット機能を用いて質疑応答が交わされました。2回目のやり直し繁殖の時につがい相手を変えない理由や、雌はどのようにつがい外交尾を行う雄を選んでいるのかなどについて、質疑応答が交わされました。

今回のオンライン講演は、最大同時に204人の方に視聴いただきました。ご視聴いただいた皆様、ありがとうございました。今回のライブ配信は、9月4日(土)まで見逃し配信を行います。

次回、10月のテーマトークは、我孫子市鳥の博物館の小田谷が、ヤマシギの越冬期の生態についてお話しする予定です。視聴方法などについては、山階鳥類研究所・我孫子市鳥の博物館ウェブサイトで改めてご案内します。次回もぜひご視聴ください。

参考資料:

今回のお話のもとになった論文(英語)
Yuta T, Nomi D, Ihle M & Koizumi I. (2018) Simulated hatching failure predicts female plasticity in extra-pair behavior over successive broods. Behavioral Ecology 29: 1264-1270.
https://academic.oup.com/beheco/article/29/6/1264/5119825

論文のプレスリリース資料(日本語)
https://www.hokudai.ac.jp/news/181009_pr2.pdf

鳥類のつがい外父性に関する総説(英語)
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1046/j.1365-294X.2002.01613.x
カテゴリ: General
投稿者: mochizuki
鳥の博物館では、今年新たな企画として「鳥の標本を3Dプリント模型化し、学習セットとして博物館外に貸し出す」プロジェクトを立ち上げました!
昨年度に(一財)全国科学博物館振興財団が行っている博物館向けの助成事業に応募したところ、上記のプロジェクトで採択頂きました。誠にありがとうございます。

4月より3Dプリンターの導入の手続きを着々と進めていたのですが、今月ついに3Dプリンターの「Guider 供廚届きました!
null

鳥の頭骨などの骨格標本を3Dプリントするのが目標ですが、プリントするには3Dデータを作る必要があります。
鳥の博物館の標本の3Dデータ化は現在進めていますが、まずはアメリカのスミソニアン博物館で公開されている3Dデータを用いて印刷のテストを始めました。

3Dプリンターにも色々と種類があるのですが、今回導入したプリンターは積層型の機械で、下から順に約0.1mmずつ樹脂を積み上げていく手法を取っています。そのため、複雑な形をしているところにはデータ上で支柱を設計し、樹脂を物理的に積み上げられる形にする必要があります。

null
スミソニアン博物館のデータをPCのソフト上で加工し、支柱や土台を設計したものがこちら。樹脂を積み上げていく都合上、なるべく支柱が少ない形となるよう、頭骨を上向きに設定します。(実はこの前段階で、頭骨を横向きに印刷しようとして失敗しました。)

null
そして、テストプリントの結果がこちら。約14時間かけてティラノサウルスの頭骨を印刷できました!

null
▲プリンターから取り出した状態。

null
支柱を外して、ティラノサウルス頭骨の3Dプリント模型が完成しました!

鳥の骨格標本は壊れやすいため、気軽に触れる資料として外部に貸し出すことは資料保存の観点から困難でした。しかし、こうやって博物館標本をデータ化し複製を作ることで、今後は教育普及用教材として小学校等に貸し出していきたいと思っています。
カテゴリ: General
投稿者: someya
 7月22日(木・祝)、あびこ自然観察隊「手賀沼の魚をみよう」を実施しました。広報誌のみで広報を行い、申込制で参加者を募りました。
 手賀沼で採集し、どんな魚がいるのか観察しました。また、手賀沼親水広場内にある人口池のミニ手賀沼でも採集しました。新型コロナウイルス感染拡大防止対策と熱中症対策にご協力いただきながら、無事に観察会を終えることができました。暑い中、ありがとうございました。また魚のイベントに参加したいというお声をいただきましたので、今後も企画できればと思っています。
20210728-img_94191.jpg
自分で生き餌をつけて釣り開始
20210728-img_94272.jpg
みなさんモツゴをGET
かっこいいサングラスで日差し対策をされていました
20210728-dscn30713.jpg
仕掛けに入った魚の仕分け
以前はみなさんと一緒に仕掛けをあげましたが、桟橋の老朽化により、スタッフだけでの回収となりました
20210728-img_94394.jpg
日陰に入り採集した生き物を紹介
質問にもお答えしました
20210728-img_94435.jpg
魚を触るのが人生初という参加者も
魚とずっと遊んでいました

カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

7月17日に、2021年7月のテーマトークを実施しました。これまでと同様にYoutube liveを用いたライブ配信で行いました。今回は、山階鳥類研究所の岩見恭子さんに、「鳥の剥製作りを見てみよう」と題してお話しいただきました。
今回は、初めての試みとして、岩見さんが実際に標本を作られる様子をライブ配信しました。

まず、標本を作るために必要な材料と、製作の前に行う計測についてご紹介いただいたあと、さっそく実際の製作に入りました。今回は初心者向きといわれるアカショウビンを材料に、皮むきから縫い合わせるまでの一連の流れを見せていただきました。手元を写したカメラを使って、実際の作業上のポイントを見せていただきながら解説していただいたので、実際にどのように標本が作られているのかがよくわかりました。

標本を作るときに解剖によって生殖器を確認して性の識別を行う様子についても見せていただき、剥製の皮側には残さない骨や内臓なども、研究用のサンプルとして大切に保管されていることをご説明いただきました。

講演のあとに、視聴者のみなさんとチャット機能を用いて質疑応答が交わされました。標本を作るときの技術的な問題や、保存する際に注意すること、鳥の死体を拾った時にどうすればよいかなどについて、岩見さんに様々な角度からお答えいただきました。

今回のオンライン講演は、最大同時に280人の方に視聴いただきました。ご視聴いただいた皆様、ありがとうございました。今回のライブ配信の見逃し配信は行いません。

次回、8月のテーマトークは、山階鳥類研究所の油田照秋さんに、シジュウカラの社会関係やつがい外父性についてお話しいただく予定です。視聴方法などについては、山階鳥類研究所・我孫子市鳥の博物館ウェブサイトで改めてご案内します。次回もぜひご視聴ください。
カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

6月19日に、2021年6月のテーマトークを実施しました。これまでと同様にYoutube liveを用いたライブ配信で行いました。今回は、山階鳥類研究所保全研究室研究員の仲村 昇さんに、「冬眠に似た体温低下、鳥のトーパーとは?」と題して、主に海外で行われた研究の内容をお話しいただきました。

鳥や哺乳類は、体の温度を一定に保つ仕組みを持っている恒温動物です。特に気温の低い時期には体の温度を保つために大量のエネルギーを消費するため、哺乳類には冬眠を行うものが多く含まれています。冬眠と同様に、体のエネルギー消費を抑えて数時間〜数日の休眠を行うことを「トーパー」といいます。鳥類では普通の体温よりも5〜20℃ほど体温を下げ、エネルギーの消費を抑えるそうです。

トーパーを行うことが鳥類で最初に知られたのはアメリカに分布するプアーウィルヨタカでした。この鳥は、冬眠を行う唯一の鳥として知られていますが、実際に確実な冬眠が確認された例はそれほど多くないそうです。他にもヨタカのなかまでは、体の大きいオーストラリアガマグチヨタカを含む複数の種で、低温時にトーパーを行うことが知られています。他にも、ハチドリ類、アマツバメ類の多くの種でトーパーを行うことが知られており、ウズラ、ハト、フクロウ、ツバメ、シジュウカラなどの多様な鳥で実験室や野外での確認の報告があるそうです。

日本産鳥類ではほとんど研究が進んでいないトーパーですが、厳冬期に氷点下になるような環境にいる体の小さい小鳥であるキクイタダキ、ヒガラ、エナガなどの小鳥もトーパーを行っている可能性があるのではないか?とのことでした。

講演の後に、猛禽類でトーパーを行うものはいるのかについてや、低温で弱った鳥とトーパー状態の違いなどついて質疑応答が交わされました。

今回のオンライン講演は、最大同時に66人の方に視聴いただきました。ご視聴いただいた皆様、ありがとうございました。今回のライブ配信は、以下の同じURLから7月3日(土)までご視聴いただけます。
https://youtu.be/QI2Gg6YuIj4

次回、7月のテーマトークは、山階鳥類研究所の岩見恭子さんに、標本製作の様子を実際にライブ中継しながらお話しいただく予定です。視聴方法などについては、山階鳥類研究所・我孫子市鳥の博物館ウェブサイトで改めてご案内します。次回もぜひご視聴ください。
カテゴリ: General
投稿者: someya
 捕獲作戦が試みられていたミナミジサイチョウは、本日午後2時半頃に無事に捕獲されたとのことです。
 当館のミナミジサイチョウの剥製は常設展示室でご覧いただけます。ぜひご来館下さい。
カテゴリ: General
投稿者: someya
 話題沸騰中のミナミジサイチョウ。本来は日本の自然で見かける鳥ではなく、アフリカに生息する鳥です。どうやら飼育していた個体が逃げてしまったようです。
 2020年の春頃からミナミジサイチョウの目撃情報がありました。その場所は牛久、龍ケ崎、取手、我孫子、柏、流山、鎌ヶ谷、野田、三郷などなど。1年以上もこの辺りで快適に?暮らしているわけです。黒くて大きな姿は目立つようで「この鳥は何ですか」とのお問い合わせをいただきます。ミナミジサイチョウは全身ほぼ真っ黒で喉袋と目のまわりが赤く、翼の一部分が白いのが特徴です。歩きながら、ヘビ・カエルといった爬虫類などを採食しています。
 本日、捕獲が試みられた(鳥博ではありません)ようですが、どうなったのか気になります。
 鳥の博物館では、ミナミジサイチョウの剥製を展示しています(3階、世界の鳥コーナー)。間近でじっくり観察できます。ぜひご覧下さい。
20210604-img_88131.jpg
▲展示室のミナミジサイチョウ(剥製)
<   2021-10   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31