カテゴリ: General
投稿者: someya
 11月22日(日)、23日(月・祝)の2日間、あびこショッピングプラザで行われたイベント「鳥・鳥・鳥展」に参加してきました。今年は年に1度の鳥のお祭り「ジャパンバードフェスティバル」が、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、リモート開催となりました。実際にみられる何かを、また鳥の博物館の30周年を記念してイベントを企画して下さった方から声がかかりました。今回はイベントの様子を一部ご紹介します。
 2日間参加させていただきましたが、博物館を飛び出して、お買い物に来ているみなさんにむけて博物館をPRするのは新鮮でした。「コーヒーメーカーお待ちのお客様〜!」の声に呼ばれ行ってしまう方も。いろいろな方に鳥の博物館を知っていただくのに良い機会となりました。関係者のみなさま、ありがとうございました。
20201129-img_576011.jpg
鳥の博物館からはPR展示とミュージアムショップのグッズを販売するブースを
20201129-img_58052.jpg
ミュージアムグッズは選抜してお持ちしました
20201129-img_58123.jpg
鳥のお手玉は大人の方にも人気
20201129-img_57644.jpg
鳥博以外にも鳥に関連したブースがいろいろありました
20201129-img_57715.jpg
20201129-img_57756.jpg
みんなのアイドル「あびたま」ちゃん。かわいくポーズをきめてくれました♪
カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

11日7日(土)に、第30回JBF鳥学講座をオンライン配信にて開催しました。今回は「洋上風力発電と野鳥 ―あまり知られていない影響とその対策―」と題して、早稲田大学人間科学部の風間健太郎さんにお話しいただきました。

地球温暖化の原因となっている温室効果ガスの排出の削減のため、世界中で洋上風力発電が推進されています。再生可能エネルギーの一つとして期待が高まっている洋上風力発電ですが、鳥類にも悪影響を及ぼす場合がしばしばあるようです。その影響には、大きく分けて以下の3つがあるそうです。

(1)風車との衝突(バードストライク)
(2)風車の回避によるエネルギーの消費や餌場からの締め出し
(3)風車による生息地の改変

風車による悪影響としては、まずはバードストライクが頭に浮かびますが、鳥たちの多くは風車を避けて飛ぶことができることがわかっています。しかし、避けられれば良いというわけではなく、最短のルートで移動できなくなったり、良い餌場が使えなくなってしまうことの影響も無視できないことをヨーロッパを中心とした研究例からご紹介いただきました。

では、洋上風力発電による鳥への影響はどのように軽減できるのでしょうか?
洋上風力発電の先進国であるイギリスやドイツなどでは、海鳥の分布に関する長期のデータを活かしてアボイドマップ(衝突リスクの高い場所を示した地図)が作成されており、それをもとに建設の候補地選定が行われています。

しかし、海鳥の事前の分布情報は不足していることが多く、年による変動も大きいために、予測が難しいことが特徴です。そのため、事前の分布情報をもとにした場所の選定に加えて、継続的な事後調査の結果をもとに順応的な管理をしていくことが、現時点では最も良い方法なのではないか、と提案されていました。

講演のあとには、風車による衝突する鳥やその回収率の種による違い、環境アセスメントにかかる問題点などについて、多くの質問やコメントが寄せられ、風間さんにわかりやすくお答えいただきました。

今回の鳥学講座は、最大同時に257人の方にご視聴いただきました。お話しいただいた風間さん、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

11月8日(日)の12:00〜13:30の予定で再放送が行われます。見逃した方、もう一度見たい方は以下のページにあるリンクからご覧ください。
http://www.birdfesta.net/jbf/online2020.html


参考資料:
当日のレジュメは、以下からご覧いただけます(PDF直リンク)。
http://www.yamashina.or.jp/hp/event/images/jbf201107resume.pdf

お話しいただいた内容の一部は以下のウェブサイトから読むことができます。
https://news.yahoo.co.jp/articles/ae165476c336a65abfed7fd9e094e1a7297e4e95

環境省が作成した「風力発電における鳥類のセンシティビティマップ」
https://www.env.go.jp/nature/seisaku/list/yasei_furyoku/sensitivity_map/index.html
カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

10月24日に、2020年10月のテーマトークを実施しました。8月と同様にYoutube liveを用いたライブ配信で行いました。
本来10月17日に予定しておりましたが、機材トラブルにより定刻までに延期になることをお知らせできず、17日に視聴しようとされていた皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしました。申し訳ありませんでした。

今回は、我孫子市鳥の博物館学芸員の齊藤安行さんに、「ムクドリの子育て事情」と題して講演いただきました。

ムクドリは人の生活圏に大きな集団ねぐらを作るため、鳴き声の騒音やフンの被害が問題になっています。一方で、農業被害をもたらす害虫を食べてくれるなどの益鳥としての側面もあり、生態系の中では種子散布者としての役割を担っています。

齊藤さんは1980年代前半に神奈川県で巣箱を用いたムクドリの繁殖生態の研究を行われており、今回はその結果についてお話しいただきました。ムクドリの繁殖期は大きく2つに分かれること、繁殖期の前期には前年も繁殖した成鳥が中心となり、後期では再繁殖個体や若い個体が参加して行われることなどをご紹介いただきました。また、種内の托卵がしばしば起きるがあまり成功しないことなど、行動生態学的に興味深い研究成果をご紹介いただきました。
質疑応答では、前期の繁殖に参加しない若い個体はその間何をしているのか、ムクドリに巣箱を使ってもらうためにどのような工夫をされているかなどについての質問に答えていただきました。

今回のオンライン講演は、最大同時に92人の方に視聴していただきました。ご視聴いただいた皆様、ありがとうございました。11月のテーマトークはお休みです。12月は山階鳥類研究所の水田さんにアマミヤマシギの生態に関する研究成果をお話しいただきます。視聴方法などについては、山階鳥類研究所・我孫子市鳥の博物館ウェブサイトで改めてご案内します。
カテゴリ: General
投稿者: muramatsu
我孫子市市制50周年を記念し、生涯学習部では多くの方に我孫子の魅力を知っていただくため、我孫子市生涯学習センターアビスタにて展示企画「我孫子を知る1年」を開催中です。図書館、公民館、博物館など様々な施設の紹介や見どころなどを展示しています。

鳥の博物館では、開館30周年を記念し、企画展ポスター展を1階ストリート壁面にて展示しています。これまで鳥の博物館では企画展を86回開催してきました。今回は企画展ポスター54枚と開館告知ポスター2枚を展示しています。
皆さん、ぜひご来館ください!

20201025-img_2501.jpg

展示期間:2020年10月25日〜11月8日
(ストリート以外の展示は11月5日15時まで)
展示場所:我孫子市生涯学習センターアビスタ
(開館時間:午前9時から午後9時、入館料はかかりません)
休館日:毎月最終月曜日(祝日の場合は開館し、前週の月曜日が休館)

カテゴリ: General
投稿者: someya
 10月10日土曜日より、鳥の博物館開館30周年特別展示「日本の鳥」がスタートしました。
 開館してから現在までに収集した剥製標本は、日本産鳥類633種の約6割にあたる385種。今回の展示会では約350点の標本を紹介しています。その圧倒的な標本の数にきっとあなたは驚くはず。この機会にぜひご来館下さい。
20201016-img_5429.jpg
20201016-img_5433.jpg

October14日Wednesday: チーバくん来館!

カテゴリ: General
投稿者: someya
 昨日、千葉県民なら誰もが知っている、チーバくんが鳥の博物館に来館されました。「好奇心旺盛でいろいろなことに挑戦するのが大好き」なチーバくん。展示室もじっくりとみてくれました。「かわいいかわいい」とみんなに大人気でした。チーバくんのSNSもチェックしてみて下さい。
 チーバくん、また遊びに来てね。
20201014-img_5294_2.jpg
20201014-img_5297.jpg

September 4日Friday: ハシビロコウ展示しました

カテゴリ: General
投稿者: someya
 30周年記念スタンプを作製するにあたり、何の鳥のデザインにするか迷いましたが、特徴的な顔つきで人気のハシビロコウを採用しました。
20200904-hashibirokou.jpg
▲イラストのモデルは当館3階に展示しているハシビロコウです。
 記念スタンプも設置している1階エントランスホールに、ハシビロコウの剥製と骨格標本をならべて展示しました。動かない鳥としてご存知の方も多いのではないでしょうか。
20200904-hashibirokou1.jpg
▲ハシビロコウの剥製(左)と骨格標本(右)
 大きなくちばしから、骨を見ただけでもハシビロコウだとわかりますね。このくちばし、以外と軽いんですよ。
20200904-hashibirokou2.jpg
20200904-hashibirokou3.jpg
 羽をよくみるとコントラストがきれいで、全体的に見ると単純な灰色だけではないことがよくわかります。
20200904-hashibirokou4.jpg
 ハシビロコウの剥製と骨格標本をみくらべられるのは期間限定(9月末位までを予定しています)です。この機会をお見逃しなく!
カテゴリ: General
投稿者: muramatsu
皆さまのおかげで、我孫子市鳥の博物館は、今年で30周年を迎えました!
平成2年5月22日に開館して以来、これまでに140万人以上の方にあしを運んでいただきました。ありがとうございます。
「あし」といえば、こちらのポスター。

20200826-97802861_2927341787349851_4701902643998490624_o.jpg

これは博物館のオープン当初につくったものです。実際に本物の標本を見て楽しんで欲しいという思いが込められています。これからも皆さまに楽しんでいただける博物館づくりに取り組んでいきますので、応援よろしくお願いします!
(ちなみにダチョウのあしは2本です)
ミュージアムショップでは4本あしダチョウの30周年記念クリアファイルを販売中です(税込100円)!

また、館内にはハシビロコウの30周年記念スタンプを設置しています。
1階エントランスと3階展示室には、ハシビロコウの標本を展示しているので、
ぜひ見に来てください!

20200826-1.jpg
20200826-2.jpg


カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

8月15日に、2020年8月のテーマトークを実施しました。7月からオンラインでの開催を始めましたが、2回目である今回はYoutube liveを用いたライブ配信で行いました。

今回は、山階鳥類研究所保全研究室・自然誌研究室研究員(兼任)の森本さんに「都市における電柱と野鳥 ーおもにスズメの話題からー」と題して講演いただきました。

日本で最も人に身近な鳥であるスズメの生態、人とのかかわり、個体数の減少の実態などについて紹介されたあと、スズメが電柱をどのように使っているのかについてご紹介いただきました。質疑応答はチャット機能を用いて行われ、スズメの減少の原因や、繁殖がうまくいっていないことなどについてわかりやすくお答えいただきました。

今回のオンライン講演は、最大同時に158人の方に視聴していただきました。ご視聴いただいた皆様、ありがとうございました。9月のテーマトークはお休みです。10月以降の実施方法については、山階鳥類研究所・我孫子市鳥の博物館ウェブサイトで改めてご案内します。
カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

7月18日に、2020年7月のテーマトークを実施しました。テーマトークはこれまで、おおむね月に1回のペース(9月と11月を除く)で実施してきましたが、2020年3月以降、新型コロナウイルスの感染対策のため、実施を見送ってきました。

この度、準備が整いましたので、7月からzoomを用いてオンラインで実施することにいたしました。

今回は、鳥の博物館学芸員の小田谷が「鳥の換羽とその野外観察の面白さ」と題して講演しました。
すべての鳥の羽毛は使い捨てで、定期的に抜けて新しいものに交換されます。その一連のプロセスを換羽(かんう)といいます。換羽はなぜ行われるのか、鳥の換羽の基本的なパターン、野外で換羽を観察するコツ、換羽の観察からわかることなどについてお話ししました。

全国各地から228名の方に登録いただき、実際には最大同時に177人の方に視聴していただきました。ご視聴いただいた皆様、ありがとうございました。8月以降もオンラインで開催する予定ですので、今後ともよろしくお願いいたします。