カテゴリ: General
投稿者: odaya
5月6日に、あびこ自然観察隊「シギ・チドリに会いに行こう」を実施しました。22名の方にご参加いただき、シギ・チドリを探して、我孫子市東部の水田地帯を歩きました。

null

新木駅に集合してから5分ほど歩くと、手賀川沿いの水田地帯に出ました。冬の間はカラカラだった水田に水が張られ、多くの水田で田植えが終わっていました。

さっそく、遠くの水田にムナグロがの群れが降りているのが見つかりました。良く見ると、少し背の低いキョウジョシギも入っています。ムナグロはきょろきょろしながら走って餌を捕っていたのに対して、キョウジョシギはひたすら下を向いて畔や田んぼの泥を嘴でひっくり返していました。

null
△白と黒のコントラストが美しい夏羽になったムナグロ。

null
△畔で採食するキョウジョシギ。

「ピューイ」と笛のような涼しげな声が聞こえると、灰色のシギが飛んできました。キアシシギです。田んぼの畦沿いを歩きまわって水生昆虫の幼虫を食べているようでした。

null
△キアシシギ(左端)とムナグロ、キョウジョシギ(右端)の群れ。しばしば異なる種類が群れをつくっているのが見られます。

さらに歩いていくと、チュウシャクシギが飛んでいるのが見つかり、少し距離はありましたが田んぼの中に降りて餌を探しているところも観察することができました。手賀沼周辺で普通に見られるシギ・チドリの中では最も大きな種類で、アメリカザリガニなどを好んで食べます。

null
△水田に降りて餌を探すチュウシャクシギ。

この4種類は、いずれも長距離を渡る種で、繁殖地の北極圏と越冬地のオーストラリアなどを毎年往復しています。その渡りの途中で日本に立ち寄り、渡りのために必要な栄養を補給しているのです。渡りの中継地として、日本の水田がとても重要な役割を果たしていると考えられています。

今回の観察会では、一部の方が見られたコチドリとタシギの2種を加え、併せて6種のシギ・チドリの仲間を観察することができました。
てがたんのコースとは異なる開けた農地の環境の中で、自然観察を楽しみました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。また鳥の博物館の自然観察会にご参加ください。
カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

4月20日に、4月のテーマトークを開催しました。今回は、山階鳥類研究所保全研究室専門員の千田万里子さんに、「フラッグ付きシギ・チドリの観察記録〜窓口担当者のよもやま話〜」と題してお話しいただきました。

千田さんは、保全研究室で鳥類標識調査のデータ管理の業務を担当されていますが、昨年からシギ・チドリのフラッグの記録のとりまとめの担当をされています。今回はシギ・チドリの追跡調査の概要や、その業務に関わるさまざまな発見などをお話しいただきました。

ロシアの東部やアラスカで繁殖するシギ・チドリの仲間は、日本を通過して、オーストラリアや東南アジアで越冬します。彼らが渡りの時に通過するルートをフライウェイといい、日本は「東アジア・オーストラリアフライウェイ」の中継地点として、シギ・チドリの保全上重要な位置を占めています。しかし、生息地となる湿地の開発などによって、シギ・チドリの個体数は急激に減少しており、保全する必要が出てきています。

シギ・チドリの渡りルートを調べて保全に役立てるため、各国でシギ・チドリの脚にフラッグと呼ばれるプラスチック製の標識を付けて渡りを調べる調査が行われています。フラッグは脚の色や組み合わせにより、装着した場所が分かるようになっています。最近では、フラッグの中に数字や文字が刻印されたフラッグも使われるようになり、より詳細な個体の移動データが蓄積されています。日本では環境省が山階鳥類研究所に委託して調査を実施しています。

フラッグを付けて放鳥された鳥は、一般のバードウオッチャーによる情報提供によって、その後の追跡がなされています。今回は千田さんが担当したいくつかの事例をご紹介いただきました。

南オーストラリアで放鳥され、その後茨城県と石川県で発見されたミユビシギ、カムチャッカ半島で放鳥され、その後国内で発見されたトウネン、また、同一のフラッグによって北海道から茨城県へ移動したミユビシギの例などをお話しいただきました。また、東京湾で一年中観察報告されるダイゼンの若鳥からは、成鳥と幼鳥で異なる渡りの生態を読みとることができたとのことでした
。また、最近ではウェブページやSNS上での報告もあるそうで、台湾からのアカアシシギの報告や、タイからのトウネンのフラッグの報告について対応したことをお話しいただきました。

こうしたフラッグの報告の件数は渡りのピーク時には月120件を超えることもあったそうで、1つ1つにお返事を出すのはなかなか大変なことだったそうです。季節によって報告されるフラッグの種類が異なるそうで、たとえば、9月になると全国的にカムチャッカ放鳥のフラッグを付けたシギ・チドリが報告されるようになるそうです。こうした変化を一般の方にも感じてもらえるよう、将来的には放鳥時の情報やその後の追跡結果が共有できるようなウェブサイトの立ち上げを目指したい、とのことでした。
(参考:千田さんにご紹介いただいた台湾のシギ・チドリの標識個体が見られるウェブサイトhttp://resights.birdband.org/

今後も、フラッグ付きのシギ・チドリを観察、撮影されましたら、以下のウェブサイトにある案内の通りメールにてご報告をお願いしたいとのことでした。
http://www.yamashina.or.jp/hp/ashiwa/ashiwa_index.html#11

今回は、32名の方にお集まりいただきました。ご参加いただいたみなさま、お話しいただいた千田さん、ありがとうございました。次回のテーマトークは5月18日(土)に実施予定で、山階鳥類研究所客員研究員の茂田さんによるハマシギのお話です。詳細なご案内は近日中に鳥の博物館ウェブサイトに掲載いたします。
また、5月6日(月・祝)には我孫子市内でシギ・チドリの観察会を実施します。こちらもぜひ併せてご参加ください。
http://www.city.abiko.chiba.jp/bird-mus/gyoji/event/index.html
カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

3月16日に、3月のテーマトークを開催しました。今回は、山階鳥類研究所副所長の尾崎清明さんに、「ヤンバルクイナ野生復帰の現状と課題 〜放鳥の技術開発から〜」と題してお話しいただきました。

尾崎さんは、1981年のヤンバルクイナ発見の際から、チームの一員として研究や保全に携わってこられています。今回は、人工繁殖させたヤンバルクイナを野生に返すための試みについてお話しいただきました。

ヤンバルクイナはクイナ科ニュージーランドクイナ属のクイナの1種で、フィリピンやインドネシアに分布しているムナオビクイナに近縁な種です。この仲間は太平洋の島々に分布しており、飛べない種類が多く含まれています。そのため、人が持ち込んだネコやネズミなどの外来種に捕食されやすく、多くの種が絶滅してしまったり、絶滅が危惧されています。世界で沖縄島だけに分布するヤンバルクイナもその一つで、屋外にいるネコや、ハブの駆除のために持ち込まれたマングースなどによって捕食されたことによって数を減らし、すでに発見時から絶滅が危惧されていました。

ヤンバルクイナの個体数を回復させるため、野外でのマングースの駆除と合わせて、飼育下で個体数を増やすプロジェクトが2005年からスタートしました。飼育下での繁殖が成功し、個体数が増えてきたのと合わせて、2014年から試験放鳥がはじまりました。しかし、2017年までの放鳥では、40%以上の個体が1カ月以内に死亡してしまったそうです。尾崎さんたちが発信器で追跡したところ、その原因はほとんどがカラスやハブ、イヌ・ネコによる捕食でした。また、野外で捕獲して追跡した個体と比べて、捕食による死亡率が高いことも分かりました。人工繁殖で生まれた個体は、自然下であれば親から教わることのできる天敵の脅威を学習する機会がないためではないかと推測されました。

そこで、尾崎さんたちは飼育下で繁殖させたヤンバルクイナに天敵のハブの脅威を教える実験を始めました。具体的には、飼育ケージの中にハブの模型を入れて、同時に録音した親の警戒声をスピーカーで流すことで、ハブが危険な存在であるとヒナたちに学習させることを試みました。さらに、人工飼育個体は放鳥後に人工物の近くを好む習性があることから、ネコなどに捕食されてしまうリスクが高まっていると考えられるため、放鳥地をなるべく人工物の少ない2か所に絞って検証を行いました。

その結果、2018年に放鳥した個体はまだ全てが生存しているそうで、これらの試みは効果があったと考えられるとのことです。また、2018年に初めて、放鳥個体での野外での繁殖が確認されました。ヤンバルクイナの保全には、他にも交通事故など様々な課題がありますが、人工飼育個体の放鳥が野外の個体群の補強につながっているのは明るいニュースといえそうです。今後は、放鳥初期の生存率を高めるため、さらに野外の生活に馴らす技術の開発に取り組んでいきたいとのことでした。

今回は、34名の方にお集まりいただきました。ご参加いただいたみなさま、お話しいただいた尾崎さん、ありがとうございました。
カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

2月17日に、あびこ自然観察隊「オーイ!冬鳥くん」を実施しました。29名の方にご参加いただきました。

まず、2グループに分かれて、手賀の丘の林の鳥の観察からスタートしました。鳥影は少なめでしたが、開始してすぐ、林の中を移動するカラ類の混群に出会うことができ、木の上の方を移動するシジュウカラやヤマガラ、それに混じるキクイタダキやコゲラも見られました。カラ類の警戒声がした後、林の上をかすめていくオオタカの姿も見ることができました。林の出口では、藪の中を移動するアオジや、草地の獲物を狙うモズなどを観察しました。

null
▲大きい後羽(こうう)があるキジのメスの体羽を拾いました。

林を出ると、北西の風がかなり強く、厳しい観察条件となりました。そんな状況の中でも、ヨシ原に身を隠すマガモやカルガモなどのカモ類や沖に浮かぶカンムリカイツブリなどを観察しました。ヨシ原の小鳥は観察には厳しい条件でしたが、オオジュリンやアオジなどを少数観察できました。私たちに驚いて、キジの雄が飛び出してくる一幕もありました。

null
▲ヨシ原から飛び出すマガモの群れ(下見時に撮影したもの)。

null
▲ヨシ原の中で休息するアオサギ(下見時に撮影したもの)。

null
▲水路の縁にカワセミのペリット(消化できない魚の骨などをまとめて吐き出したもの)を見つけました。

田んぼの中の道では、耕起された農地で餌をとるカワラヒワやヒバリを観察しました。ヒバリの中には、強風の中を舞いあがって囀る個体もいて、春の訪れを感じることができました。再び林に戻ると、桜の林の周辺でジョウビタキやエナガが見られました。

2グループ合わせて、45種の鳥を観察することができました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。また鳥の博物館の自然観察会にご参加ください。
カテゴリ: General
投稿者: saito
20190216-themetalk20190216.jpg
 今日は、山階鳥類研究所コレクションディレクターの鶴見みや古さんに「3種のカワセミの謎〜山階鳥研のステンドグラス〜」をテーマにお話いただきました。
 山階鳥類研究所の前身の山階家鳥類標本館は、渋谷の南平台に1932年に建設され、その玄関には山階芳麿博士が研究対象と考えた動物地理区を現した3種のカワセミの仲間がデザインされたステンドグラスがはめ込まれました。そのデザインをよりどころに描かれたとされる小林重三(こばやししげかず)のイラストが、山階鳥類研究所報告の第1巻の表紙に使われ、それぞれの鳥の名前が記載されています。旧北区のアカショウビン、東洋区のヤマショウビン、オーストラリア区のシロガシラショウビンです。
 鶴見さんは、ステンドグラスにデザインされたヤマショウビンとシロガシラショウビンは、その種の特徴と異なることに気がつきました。これがなぜなのか調べてみた結果についてお話してくださいました。
 ヤマショウビンについては、単にデザイン上の問題で本来の特徴が省略されたとしか考えられなかったそうですが、シロガシラショウビンは現在のナンヨウショウビンの一亜種シロガシラナンウショウビンの姿でした。実は、ステンドグラスがつくられる前に、鳥類研究者の籾山徳太郎氏がサイパン島で採集した鳥をシロガシラショウビンという和名で記載し、これがステンドグラスに使われ、その名前がそのまま記載されたのだそうです。その後ニューギニア等周辺に生息する別の種をシラガシラショウビンと呼び、籾山徳太郎が記載した種をナンヨウショウビンと呼ぶようになったために、このような混乱が起こったとのことでした。
 和名は、学名とちがって使い方に統一されたルールがないため、しばしば混乱を招きます。しかし日本人にとっては便利なので、多くの人が共通した名前を使えるように、例えば日本鳥学会では日本鳥類目録に和名を記載しています。多くの人がこの名前を使い、これが標準和名となっています。
 また、鶴見さんは、ステンドグラスの原画を誰が描いたのか、またステンドグラスをよりどころに描いたとされる小林重三の絵がなぜ左右反転されているのかなど、このステンドグラスにまつわる未解決の疑問も示されました。
 日本の鳥類学の黎明期の頃の時代背景や山階鳥類研究所が創設された頃の様子もイメージできるお話でした。
 ご来場の皆様、お話してくださった鶴見さん、ありがとうございました。
カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

1月19日に、1月のテーマトークを開催しました。今回は、山階鳥類研究所自然誌研究室専門員でコミュニケーションディレクターの平岡考さんに、「小型ツグミはどこへ行った?〜変化した昔の『ヒタキ科』の分類〜」と題してお話しいただきました。

平岡さんは、日本鳥学会の目録編集委員として日本鳥類目録改訂第7版の編集に携わられました。目録改訂第7版では、DNAの塩基配列による系統関係の研究成果を踏まえた分類が取り入れられ、鳥の分類の単位の大きな見直しが行われました。今回の話題の「小型ツグミ類」もそのひとつです。

かつては、形や生態を元に生物のグループ分けが行われていました。似た形をしている種どうしは、近縁であるだろうという推論に基づくものです。目録6版までの分類体系では、「ヒタキ」と名の付く鳥には、大きく分けて2つあり、ジョウビタキやノビタキなどの地上で餌を採るグループは、アカハラやトラツグミと同じツグミ科に含まれ、キビタキやコサメビタキなどの空中で飛びながら餌を採るグループはヒタキ科に含められていました。前者は長く丈夫な脚を持っているのに対し、後者は短く地上を歩くのには適さない形をしています。前者の地上で餌を採るグループは、「小型ツグミ」と呼ばれていました。

近年になって、DNA配列による系統解析が行われると、意外なことが分かりました。かつて形が似ているので同じだと思われていたツグミ科とヒタキ科の鳥は、それぞれ互いに近いわけではなかったのです。たとえば、キビタキを含むグループは、コサメビタキよりも、ノビタキを含むグループに近いことが分かりました。そのため、かつてはツグミ科とヒタキ科に分かれていた「ヒタキ」と名の付く鳥は、新しい分類体系では新しい「ヒタキ科」として一つにまとめられることになりました。

こうして、地上性のヒタキの仲間も、「小型ツグミ」として区別しなくてもよいようになりました。しかし、地上で餌を採るヒタキの仲間をまとめて扱うのは便利ですので、何か新しい言葉がほしいところです。英語ではヨーロッパコマドリをさす「Robin」やノビタキ類をさす「Chat」などの単語があるのですが、日本語では何かよい名前は無いだろうか、と問いかけられて、このお話を締めくくられていました。

今回は、45名の方にお集まりいただきました。ご参加いただいたみなさま、お話しいただいた平岡さん、ありがとうございました。
カテゴリ: General
投稿者: odaya
1月6日に、新年恒例の鳥凧教室を開催しました。鳥凧教室は、鳥の博物館友の会の鳥凧同好会と共催で1月と5月に開催している工作イベントで、ポリ袋で簡単に作れるように工夫された鳥の形の凧を作成しました。

null
▲テーブルごとに鳥凧同好会のスタッフと一緒に製作を行いました。

null
▲終了後、親水広場で作った凧を揚げてみました。風が弱い穏やかな天気だったので苦労した人もいましたが、一度揚がると上空の風にのって高く上げることができました。

大人・子ども合わせて18名の参加がありました。ご参加いただいたみなさん、丁寧に説明していただいた鳥凧同好会のみなさん、ありがとうございました。

December19日Wednesday: 企画展「友の会展」取材対応

カテゴリ: General
投稿者: someya
 昨日、開催中の企画展「友の会展」の様子を取材にJ:COMさんが来館されました。友の会会長の木村稔さんが企画展について説明し、インタビューに答えました。友の会内の同好会メンバーも参加し、活動内容や作品についてお話しました。
 この様子は12月20日木曜日の午後5時40分から「デイリーニュース」内で放送されます。ぜひご覧下さい。
20181219-img_0149.jpg
20181219-img_0173.jpg
20181219-img_0179.jpg
カテゴリ: General
投稿者: saito


 今日のテーマトークは、今年の4月に山階鳥類研究所に入所された、保全研究室研究員の油田照秋さんにお話していただきました。テーマは「協力したり、独占したり、托したり、だましたり〜鳥たちの多様な繁殖の仕方〜」。
 油田さんが一番関心を持っているのは、野外で観察される鳥の外見や行動の不思議さであり、研究活動としては、これを適応度(遺伝子を残せる尺度・次世代を残せる尺度)という究極要因で説明したいとのことでした。
 始めに、鳥の配偶システムについて一夫一妻・一夫多妻・一妻多夫・乱婚それぞれの仕組みと適応的な理由について具体列を挙げながら紹介くださいました。近年DNA解析による遺伝的な親子関係が分かるようになると、配偶システムのような社会的関係では知り得なかったつがい外父性が多くの鳥で見つかるようになり、現在では全鳥種の90%で見つかっているそうです。また、つがい外父性は、その割合が種によって異なることはもちろん同種内でも環境条件によって異なり、また世代を越えた観察が必要であることから、多くの研究が行われているが、適応度を示すのはなかなか難しいそうです。
 ちなみに油田さんが研究されていた北海道のシジュウカラでは、雛の10%、巣の40%でつがい外父性が見られたそうです。こちらの適応度のお話については、今回のテーマトークの時間内では収まりきらない内容でしたので、次回を楽しみにしたいと思います。
 お話の最後に、進化生態学・行動学・保全生態学などの研究対象として他の分類群に比べて鳥類はすぐれている(ヒトと感覚的な共通点も多いので、観察しやすく、数も多すぎず少なすぎず、種が識別しやすく、生態系の指標となりやすく、興味深い行動や姿が見られる)ことを示されました。
 また、野外で鳥を見た場合、その種は何か、個体数と生息環境はどうか、雌雄や成幼はどうか、観察時期はいつか、どんな行動をしていたか、など意識することで、その鳥の形や行動がどのように適応的に進化してきたのか知ることにつながるという野鳥観察のすすめをお話されました。
 参加された来館者からは、過去に観察した鳥の行動に関する質問が多くあり、改めて人は鳥の行動に関心を持ち、よく観察していることが分かりました。
 お話いただいた油田さん、そして参加された32人の皆様、ありがとうございました。

(追伸)今日のお話の内容について詳しく知りたい方は、京都大学出版会から発行された「鳥の行動生態学」の「第3章鳥の配偶システムとつがい外父性」を油田さんが執筆されていますので、参照ください。
カテゴリ: General
投稿者: someya
 12月8日土曜日に「第82回企画展友の会展」がスタートしました。前回ブログでご紹介しました通り、鳥の博物館友の会が中心となってつくった展示会です。友の会の活動成果を見にぜひご来館下さい。(友の会展は2019年1月14日月曜まで)
 鳥の博物館友の会に興味を持たれた方は入会についても資料がありますので、会場でご覧下さい。
20181211-tomonokai_1.jpg
20181211-tomonokai_2.jpg
20181211-tomonokai_3.jpg
<   2019-05   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031