カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

2月17日に、あびこ自然観察隊「オーイ!冬鳥くん」を実施しました。29名の方にご参加いただきました。

まず、2グループに分かれて、手賀の丘の林の鳥の観察からスタートしました。鳥影は少なめでしたが、開始してすぐ、林の中を移動するカラ類の混群に出会うことができ、木の上の方を移動するシジュウカラやヤマガラ、それに混じるキクイタダキやコゲラも見られました。カラ類の警戒声がした後、林の上をかすめていくオオタカの姿も見ることができました。林の出口では、藪の中を移動するアオジや、草地の獲物を狙うモズなどを観察しました。

null
▲大きい後羽(こうう)があるキジのメスの体羽を拾いました。

林を出ると、北西の風がかなり強く、厳しい観察条件となりました。そんな状況の中でも、ヨシ原に身を隠すマガモやカルガモなどのカモ類や沖に浮かぶカンムリカイツブリなどを観察しました。ヨシ原の小鳥は観察には厳しい条件でしたが、オオジュリンやアオジなどを少数観察できました。私たちに驚いて、キジの雄が飛び出してくる一幕もありました。

null
▲ヨシ原から飛び出すマガモの群れ(下見時に撮影したもの)。

null
▲ヨシ原の中で休息するアオサギ(下見時に撮影したもの)。

null
▲水路の縁にカワセミのペリット(消化できない魚の骨などをまとめて吐き出したもの)を見つけました。

田んぼの中の道では、耕起された農地で餌をとるカワラヒワやヒバリを観察しました。ヒバリの中には、強風の中を舞いあがって囀る個体もいて、春の訪れを感じることができました。再び林に戻ると、桜の林の周辺でジョウビタキやエナガが見られました。

2グループ合わせて、45種の鳥を観察することができました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。また鳥の博物館の自然観察会にご参加ください。
カテゴリ: General
投稿者: saito
20190216-themetalk20190216.jpg
 今日は、山階鳥類研究所コレクションディレクターの鶴見みや古さんに「3種のカワセミの謎〜山階鳥研のステンドグラス〜」をテーマにお話いただきました。
 山階鳥類研究所の前身の山階家鳥類標本館は、渋谷の南平台に1932年に建設され、その玄関には山階芳麿博士が研究対象と考えた動物地理区を現した3種のカワセミの仲間がデザインされたステンドグラスがはめ込まれました。そのデザインをよりどころに描かれたとされる小林重三(こばやししげかず)のイラストが、山階鳥類研究所報告の第1巻の表紙に使われ、それぞれの鳥の名前が記載されています。旧北区のアカショウビン、東洋区のヤマショウビン、オーストラリア区のシロガシラショウビンです。
 鶴見さんは、ステンドグラスにデザインされたヤマショウビンとシロガシラショウビンは、その種の特徴と異なることに気がつきました。これがなぜなのか調べてみた結果についてお話してくださいました。
 ヤマショウビンについては、単にデザイン上の問題で本来の特徴が省略されたとしか考えられなかったそうですが、シロガシラショウビンは現在のナンヨウショウビンの一亜種シロガシラナンウショウビンの姿でした。実は、ステンドグラスがつくられる前に、鳥類研究者の籾山徳太郎氏がサイパン島で採集した鳥をシロガシラショウビンという和名で記載し、これがステンドグラスに使われ、その名前がそのまま記載されたのだそうです。その後ニューギニア等周辺に生息する別の種をシラガシラショウビンと呼び、籾山徳太郎が記載した種をナンヨウショウビンと呼ぶようになったために、このような混乱が起こったとのことでした。
 和名は、学名とちがって使い方に統一されたルールがないため、しばしば混乱を招きます。しかし日本人にとっては便利なので、多くの人が共通した名前を使えるように、例えば日本鳥学会では日本鳥類目録に和名を記載しています。多くの人がこの名前を使い、これが標準和名となっています。
 また、鶴見さんは、ステンドグラスの原画を誰が描いたのか、またステンドグラスをよりどころに描いたとされる小林重三の絵がなぜ左右反転されているのかなど、このステンドグラスにまつわる未解決の疑問も示されました。
 日本の鳥類学の黎明期の頃の時代背景や山階鳥類研究所が創設された頃の様子もイメージできるお話でした。
 ご来場の皆様、お話してくださった鶴見さん、ありがとうございました。
カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

1月19日に、1月のテーマトークを開催しました。今回は、山階鳥類研究所自然誌研究室専門員でコミュニケーションディレクターの平岡考さんに、「小型ツグミはどこへ行った?〜変化した昔の『ヒタキ科』の分類〜」と題してお話しいただきました。

平岡さんは、日本鳥学会の目録編集委員として日本鳥類目録改訂第7版の編集に携わられました。目録改訂第7版では、DNAの塩基配列による系統関係の研究成果を踏まえた分類が取り入れられ、鳥の分類の単位の大きな見直しが行われました。今回の話題の「小型ツグミ類」もそのひとつです。

かつては、形や生態を元に生物のグループ分けが行われていました。似た形をしている種どうしは、近縁であるだろうという推論に基づくものです。目録6版までの分類体系では、「ヒタキ」と名の付く鳥には、大きく分けて2つあり、ジョウビタキやノビタキなどの地上で餌を採るグループは、アカハラやトラツグミと同じツグミ科に含まれ、キビタキやコサメビタキなどの空中で飛びながら餌を採るグループはヒタキ科に含められていました。前者は長く丈夫な脚を持っているのに対し、後者は短く地上を歩くのには適さない形をしています。前者の地上で餌を採るグループは、「小型ツグミ」と呼ばれていました。

近年になって、DNA配列による系統解析が行われると、意外なことが分かりました。かつて形が似ているので同じだと思われていたツグミ科とヒタキ科の鳥は、それぞれ互いに近いわけではなかったのです。たとえば、キビタキを含むグループは、コサメビタキよりも、ノビタキを含むグループに近いことが分かりました。そのため、かつてはツグミ科とヒタキ科に分かれていた「ヒタキ」と名の付く鳥は、新しい分類体系では新しい「ヒタキ科」として一つにまとめられることになりました。

こうして、地上性のヒタキの仲間も、「小型ツグミ」として区別しなくてもよいようになりました。しかし、地上で餌を採るヒタキの仲間をまとめて扱うのは便利ですので、何か新しい言葉がほしいところです。英語ではヨーロッパコマドリをさす「Robin」やノビタキ類をさす「Chat」などの単語があるのですが、日本語では何かよい名前は無いだろうか、と問いかけられて、このお話を締めくくられていました。

今回は、45名の方にお集まりいただきました。ご参加いただいたみなさま、お話しいただいた平岡さん、ありがとうございました。
カテゴリ: General
投稿者: odaya
1月6日に、新年恒例の鳥凧教室を開催しました。鳥凧教室は、鳥の博物館友の会の鳥凧同好会と共催で1月と5月に開催している工作イベントで、ポリ袋で簡単に作れるように工夫された鳥の形の凧を作成しました。

null
▲テーブルごとに鳥凧同好会のスタッフと一緒に製作を行いました。

null
▲終了後、親水広場で作った凧を揚げてみました。風が弱い穏やかな天気だったので苦労した人もいましたが、一度揚がると上空の風にのって高く上げることができました。

大人・子ども合わせて18名の参加がありました。ご参加いただいたみなさん、丁寧に説明していただいた鳥凧同好会のみなさん、ありがとうございました。

December19日Wednesday: 企画展「友の会展」取材対応

カテゴリ: General
投稿者: someya
 昨日、開催中の企画展「友の会展」の様子を取材にJ:COMさんが来館されました。友の会会長の木村稔さんが企画展について説明し、インタビューに答えました。友の会内の同好会メンバーも参加し、活動内容や作品についてお話しました。
 この様子は12月20日木曜日の午後5時40分から「デイリーニュース」内で放送されます。ぜひご覧下さい。
20181219-img_0149.jpg
20181219-img_0173.jpg
20181219-img_0179.jpg
カテゴリ: General
投稿者: saito


 今日のテーマトークは、今年の4月に山階鳥類研究所に入所された、保全研究室研究員の油田照秋さんにお話していただきました。テーマは「協力したり、独占したり、托したり、だましたり〜鳥たちの多様な繁殖の仕方〜」。
 油田さんが一番関心を持っているのは、野外で観察される鳥の外見や行動の不思議さであり、研究活動としては、これを適応度(遺伝子を残せる尺度・次世代を残せる尺度)という究極要因で説明したいとのことでした。
 始めに、鳥の配偶システムについて一夫一妻・一夫多妻・一妻多夫・乱婚それぞれの仕組みと適応的な理由について具体列を挙げながら紹介くださいました。近年DNA解析による遺伝的な親子関係が分かるようになると、配偶システムのような社会的関係では知り得なかったつがい外父性が多くの鳥で見つかるようになり、現在では全鳥種の90%で見つかっているそうです。また、つがい外父性は、その割合が種によって異なることはもちろん同種内でも環境条件によって異なり、また世代を越えた観察が必要であることから、多くの研究が行われているが、適応度を示すのはなかなか難しいそうです。
 ちなみに油田さんが研究されていた北海道のシジュウカラでは、雛の10%、巣の40%でつがい外父性が見られたそうです。こちらの適応度のお話については、今回のテーマトークの時間内では収まりきらない内容でしたので、次回を楽しみにしたいと思います。
 お話の最後に、進化生態学・行動学・保全生態学などの研究対象として他の分類群に比べて鳥類はすぐれている(ヒトと感覚的な共通点も多いので、観察しやすく、数も多すぎず少なすぎず、種が識別しやすく、生態系の指標となりやすく、興味深い行動や姿が見られる)ことを示されました。
 また、野外で鳥を見た場合、その種は何か、個体数と生息環境はどうか、雌雄や成幼はどうか、観察時期はいつか、どんな行動をしていたか、など意識することで、その鳥の形や行動がどのように適応的に進化してきたのか知ることにつながるという野鳥観察のすすめをお話されました。
 参加された来館者からは、過去に観察した鳥の行動に関する質問が多くあり、改めて人は鳥の行動に関心を持ち、よく観察していることが分かりました。
 お話いただいた油田さん、そして参加された32人の皆様、ありがとうございました。

(追伸)今日のお話の内容について詳しく知りたい方は、京都大学出版会から発行された「鳥の行動生態学」の「第3章鳥の配偶システムとつがい外父性」を油田さんが執筆されていますので、参照ください。
カテゴリ: General
投稿者: someya
 12月8日土曜日に「第82回企画展友の会展」がスタートしました。前回ブログでご紹介しました通り、鳥の博物館友の会が中心となってつくった展示会です。友の会の活動成果を見にぜひご来館下さい。(友の会展は2019年1月14日月曜まで)
 鳥の博物館友の会に興味を持たれた方は入会についても資料がありますので、会場でご覧下さい。
20181211-tomonokai_1.jpg
20181211-tomonokai_2.jpg
20181211-tomonokai_3.jpg

December 7日Friday: 友の会展準備中

カテゴリ: General
投稿者: someya
 明日12月8日(土)から来年の1月14日(月・祝)まで、第82回企画展「第14回友の会展」を開催します。鳥の博物館友の会は博物館活動に協力しながら、鳥や自然を学び、親睦を深めることを目的として平成13年4月に設立されました。
 博物館活動への協力のほか、友の会に設けられた5つのグループ(みて歩こう会・デジカメ同好会・鳥凧同好会・鳥絵同好会・万葉集同好会)ごとの自主活動も活発です。友の会展ではその活動成果を紹介します。
 会員が中心となって展示準備しました。その様子を少しご紹介。企画展は明日スタート。ぜひご来館下さい。
20181207-tomonokai1.jpg
20181207-tomonokai2.jpg
20181207-tomonokai3.jpg
20181207-tomonokai4.jpg20181207-tomonokai5.jpg
カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

11月23日(金・祝)にあびこ自然観察隊「晩秋の手賀川観察会」を実施しました。秋らしい好天に恵まれて、農地の冬鳥を観察しました。

新木駅に集合し、歩いて手賀川沿いの農地を目指します。農道に入ってすぐに、遠くをハイタカが2羽飛び、遠くの杭にノスリが止まっているのが見つかりました。休耕田の草地は、ホオジロ、カシラダカ、カワラヒワが採食や休息のためにやってきていました。農道を歩いて行くと、乾いた水田に下りていたヒバリとタヒバリが鳴きながら飛びだします。てがたんコースとは少し異なる開けた農地の鳥たちをたくさん観察することができました。

連結して水田の水たまりに産卵していたアキアカネ、日当たりのよい草地に残っていたモンキチョウ、ウラナミシジミ、ヒメアカタテハなどの昆虫も観察しました。手賀川に出ると、カンムリカイツブリやアオサギなど、水辺の鳥も見ることができました。今年はカイツブリ類の数がやや多いようです。帰り道の農道では、湿った田んぼの二番穂に隠れるタシギや、頭上を舞ってくれたノスリ、モズのはやにえ、橋のたもとのイタチのふんなどの発見がありました。

null
▲休耕田のコガマの先端に刺さっていたモズのはやにえにされたハネナガイナゴ。触っていたら外れてしまいました。

null
▲街路樹のケヤキの中に見つけたカワラヒワの古巣。2.5m程の高さに、枯れ草やビニールひもなどを使って作られていました。

駅までの帰り道では、街路樹のケヤキの中にカワラヒワやキジバトの古巣が見つかりました。今回は、29種+外来種2種を観察することができました。
14名の方にご参加いただきました。また鳥の博物館の自然観察会に足をお運びください。
カテゴリ: General
投稿者: someya
 先日、鳥の博物館が設置しているフクロウの巣箱を新しいものにかけかえました。
 この巣箱には観察のためのカメラがついていて、ライブ映像と過去の画像を鳥の博物館のホームページからご覧いただけます。数日間、画面が真っ暗だったのはこの作業のためです。いつも楽しみにして下さっている方にはご迷惑をおかけしました。
20181125-subako1.jpg
古くなった巣箱をおろします
巣箱内に残った食べ残し等は事前に回収しました
20181125-subako2.jpg
役目を終えた巣箱
20181125-subako3.jpg
新しい巣箱
20181125-sugbako4.jpg
脚立にのぼって作業です

 新しくなった巣箱にもフクロウがやってきました。例年通りだと、3月から6月頃に野生のフクロウの子育てが見られます。今年も見られるでしょうか。繁殖期以外にも巣箱をのぞくフクロウが確認できます。
20181125-___________________2018-11-25_14_47_22.jpg
20181125-___________________2018-11-25_14_47_57.jpg

 鳥の博物館のフクロウカメラの様子をチェックして下さいね。
<   2019-02   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728