過去ログ

あなたは現在、2014年Marchの過去ログを見ています。

March20日Thursday: ふくろう入りました

カテゴリ: General
投稿者: someya
 昨年の10月に設置した巣箱にフクロウが入りました。昨日19日の映像では2羽のフクロウの姿も確認できます。このまま気に入ってくれるでしょうか。
 巣箱には2箇所カメラが設置してあり、ライブ映像をご覧頂けます。映像は鳥の博物館のホームページでもみられますし、鳥の博物館の友の会ルームに設置した特設コーナーでも紹介しています。是非ご覧下さい。

20140320-img_1571.jpg
巣箱内の様子

20140320-img_1572.jpg
特設コーナー


 
カテゴリ: General
投稿者: saito
20140309-themetalk20140308.jpg
 今月(3月)は、山階鳥類研究所自然誌研究室専門員の平岡考さんが、「採集人折居彪二郎と山階鳥類研究所」のお話をしてくださいました。
 折居彪二郎は、日本の鳥類学の黎明期に、黒田長禮や山階芳麿など鳥類学の研究者に頼りにされた腕利きの採集人です。満州、樺太、千島、台湾、南洋諸島など各地を巡り、貴重な鳥類の標本を現在に残しています。採集状況の詳細な記録も残しており、現在も変わらぬ価値ある標本として保存・管理されています。採集人として活躍する初期の頃、大英博物館嘱託採集人のマルコム・アンダーソンと活動を共にしたことから、学術的に役立つ標本の収集や記録の仕方が身についたそうです。
 折居の名は、現在でも日本の鳥の亜種名などに残っています。折居の詳細な記録とともに保管された標本は、当時の鳥相を知る手がかりとなるばかりではなく、DNAの分析やCTスキャンなど近代科学の手法により、学術的な価値が再発見されています。山階鳥類研究所には、折居の採集した貴重な標本が数多く保管され、そのデーターベースが公開されていることから、広い方面からの研究に役立てられているそうです。