昨年末から、手賀沼でトモエガモの群れが見られています。日によってはいない時もあるようですが、1月30日に行った月例の手賀沼調査では、下沼の下流側の水面に降りている46羽の群れをカウントしました。手賀沼でこれほど大きな群れが見られるのは、2002年に40羽が見られて以来のようです。

null
飛び立ったトモエガモの群れの一部。一緒にマガモ2羽も写っています。

トモエガモは、かつては数十万羽の大群がみられ、古来から「あじがも」と呼ばれていました。「あじ」とは、多くの数が集まっているという意味で、大群を形成することから名づけられたようです。しかし、近年では日本への飛来する個体数が減少し、昔のような大きな群れは見られなくなりました。2015年の環境省のレッドリストでは、絶滅危惧粁爐忙慊蠅気譴討い泙后

ここ数年は、20kmほど離れた北印旛沼で1000羽を超す大群が観察されているので、その一部が手賀沼にも時々飛来するようになったのかもしれません。この美しいカモの群れが手賀沼で見られるのは嬉しいことです。観察されたい方は、下沼のフィッシングセンター付近から望遠鏡等で沼の中央部あたりを探すとよいでしょう。

2月11日(日)に実施予定のあびこ自然観察隊「オーイ冬鳥くん」では、このあたりで冬鳥を探すので、トモエガモも観察できるかもしれません。申し込みは手賀の丘少年自然の家までお願いします。
http://www.tega.jp/archives/2058