カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

2月10日に、2月のテーマトークを開催しました。今回は、山階鳥類研究所自然誌研究室研究員の齋藤武馬さんに、「南西諸島の鳥類の不思議をDNAから探る」と題してお話しいただきました。

南西諸島は鹿児島県から沖縄県にかけて約1200kmもの長さに渡って連なる島々です。生物の分布を研究する生物地理学では、南西諸島は旧北区と東洋区の境界に位置します。琉球列島は1500万年前には大陸の一部でしたが、その後、海面の高さの変化が起こると、大陸とから切り離されたり、くっついたりを繰り返してきました。南西諸島は、大隅諸島からトカラ列島までの北琉球、奄美諸島と沖縄諸島の中琉球、都諸島と八重山諸島の南琉球の3つに大きく分けられます。北琉球と中琉球の間にはトカラ海裂(渡瀬線)、中琉球と南琉球の間にはケラマ海裂(蜂須賀線)と呼ばれる深い海があります。海面が下がった時でも、これらの海裂によって島々のつながりが断たれて生物の分布の拡大の障壁となり、独自の生物相が形成されてきました。

南西諸島には、本土とは異なる種や亜種の鳥が分布しています。日本の固有種の11種の鳥のうち、7種が南西諸島に分布しており、固有の亜種も多く分布しています。齋藤さんが関わっている日本の鳥類のDNAバーコーディングは、国内に分布する鳥類のDNAの短い配列のデータベースを作り、羽一枚からでも簡単に種の同定が出来るようにするプロジェクトです。この研究にともなって、南西諸島の鳥類の系統関係などが明らかになってきました。

イイジマムシクイやアカコッコは、世界でも伊豆諸島と北琉球にだけ繁殖する、変わった分布を持つ鳥です。そのうち、遺伝子が調べられているイイジマムシクイは、伊豆諸島の集団とトカラ列島の集団で、4.8%もの遺伝的分化があることが分かりました。南西諸島にだけ分布するアカヒゲは、奄美以北に分布する亜種アカヒゲと、沖縄本島に分布する亜種ホントウアカヒゲの間に、深い遺伝的な分化があることが明らかになり、いくつかのチェックリストではすでに別種として扱われています。奄美諸島に分布するオオトラツグミは、現在はトラツグミの亜種とされていますが、囀りや形態が大きく異なることから別種とする意見もあります。DNAバーコーディングでも、大きな違いがあることが分かり、今後別種にされる可能性が高そうです。また、ヒヨドリについては、奄美・沖縄と大東諸島の集団が、それぞれ国内の他の集団に比べて大きく分化していることが明らかになっています。今後、分類学的な研究が行われていくことで、これらを種として扱うかどうかが決まっていくでしょう。

今回は、44名の方にお集まりいただきました。ご参加いただいたみなさま、お話しいただいた齋藤さん、ありがとうございました。
カテゴリ: General
投稿者: someya
 昨日、企画展「日本の海鳥〜カンムリウミスズメと行く海の旅〜」がいよいよ始まりました。海に囲まれた日本の周りには多様な海鳥が生息しています。
 本企画展では「海鳥ってどんな鳥?」「カンムリウミスズメと行く海の旅」「海鳥が減っている?」の3つのテーマでご紹介しています。海鳥の標本がズラリ80点以上!この機会にぜひご来館下さい。
20180128-img_0133.jpg
カンムリウミスズメの「まごたろう」が海鳥についてご紹介
なぜ「まごたろう」って名前なの?その理由は企画展で見つけて下さいね
20180128-img_0135.jpg
海鳥ってどんな鳥?
20180128-img_0140.jpg
今回の主役、カンムリウミスズメの標本ももちろん展示しています
20180128-img_0141.jpg
「カンムリウミスズメと行く海の旅」のお話を読めば、カンムリウミスズメがどのような暮らしをしているのかよくわかります
20180128-img_0145.jpg
人間の活動が海鳥にどのような影響を与えているのでしょうか

カテゴリ: General
投稿者: someya
 昨日・今日と2日間、久寺家中学校の生徒さんが職場体験に来館されました。博物館の仕事を色々と経験してもらいました。その様子を少しご紹介します。次回は来館者としてぜひ遊びに来て下さいね。
20180117-img_2609.jpg
収蔵庫の標本整理
標本の種類や取り扱い方をお話しました。
20180117-img_2613.jpg
ボランティアの活動表作成
バランスを考えながら活動日・場所を決めます。
20180117-img_2614.jpg
パネル作製の模擬体験
パネルやラベルとはどんなものなのか、情報が伝わるように気を付けてつくりました。
20180117-img_2625.jpg
完成
カワセミガイドに使う資料と、クサガメ水槽の表示をつくってくれました。
上手にできましたので使わせていただきます。
カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

1月13日に、1月のテーマトークを開催しました。今回は、山階鳥類研究所自然誌研究室研究員の岩見恭子さんに、「鳥の標本ってどんなもの?はくせい標本の作り方」と題してお話しいただきました。

鳥類の標本は、剥製(はくせい)、羽毛、卵、骨格などの資料を半永久的に保存可能なように加工したものです。標本は、種の同定や分類、どのように進化してきたかなど、様々な研究に欠かせないなものです。山階鳥類研究所では、主に野外で死んでしまった鳥を収集し、標本として資料を後世に残す活動を行っています。

山階鳥類研究所ではおよそ7万点の鳥類標本を保管しています。それだけ収集しても、まだ集める必要があるのか、疑問に思う方もいるかもしれません。
生き物の生態や分布は不変のものではなく、時代とともに変化しています。採集地や採集場所とともに標本を保存することで、過去の情報も遡って言えることができるのです。実際に、博物館標本を用いて、温暖化に伴う鳥の形態の変化や、羽毛に蓄積されている有害な化学物質の変化を調べた研究も行われています。地域や時代を代表する証拠を残していくことが、将来の研究の可能性を広げることにつながるのです。

岩見さんは、鳥のはくせい標本の作り方を説明するために、カケスをモデルにしたぬいぐるみを作って持参されました。はくせいをつくる時にどの部分を切り離して、中にはどのような芯を入れるのか、分かりやすく実演しながら説明していただきました。
そのあと、参加したみなさんに実物の標本に触れてもらいました。コアホウドリの翼標本や、ネコとオジロワシの頭骨の重さ比べなど、標本にさわったり、においをかいだりすることで、実際の標本がどんなものなのか、理解を深めていただけたと思います。

41名の方にお集まりいただきました。ご参加いただいたみなさま、お話しいただいた岩見さん、ありがとうございました。

January 8日Monday: 鳥凧教室

カテゴリ: General
投稿者: someya
 本日、鳥凧教室を実施しました。鳥の博物館友の会の鳥凧同好会が中心となって、準備や説明を行いました。友の会会員や市民スタッフも説明係になりましたが、鳥凧イベントのベテランばかりで順調にすすみました。
 カラフルなポリ袋でつくった凧で、見た目もキレイ、しかもよく揚がります。
20180108-img_2409.jpg
作業の様子
 可愛らしい凧もありましたのでご紹介。
20180108-img_2425.jpg
カワセミをイメージしてペインティング
20180108-img_2428.jpg
カラフルでリボンが可愛い
20180108-img_2430.jpg
 最後はつくった凧と一緒に記念写真を撮りました。
 雨が降ってきたので凧揚げは中止。凧揚げに良い場所を探して、ぜひ凧揚げして下さいね。カラフルで目立つこと間違いなし!ご参加いただきましてありがとうございました。
 次回の鳥凧教室は5月の連休中に実施予定です。お楽しみに。
カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

本日12月27日から1月5日まで、我孫子駅南口にある我孫子インフォメーションセンター アビシルベにて、鳥の博物館の出張展示「さよなら酉年展」を行います。この展示では、11月26日まで鳥の博物館で開催されていた企画展「鳥・酉・鶏・とり」のパネルから厳選したものを再び展示して、鳥と人の関係について紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

null
パネル展示の様子
カテゴリ: General
投稿者: iwamoto
12月9日(土)に、12月のテーマトークを開催しました。今回は山階鳥類研究所保全研究室の富田直樹研究員より「都心で繁殖を始めたウミネコの生態と人との関係」と題してお話し頂きました。

20171212-img_5758.jpg

 カモメ類の市街地での繁殖は1980年代を境に、世界的に一気に増加しました。そして日本でも1990年代中頃から、たとえばテトラポットでオオセグロカモメが繁殖するなど、人工物での繁殖が確認されるようになりました。その後、札幌市と東京都において、それぞれオオセグロカモメとウミネコが市街地において繁殖することが確認されるようになりました。たとえば上野の不忍池に近いビルの屋上では、約200羽のウミネコが集まって、繁殖したことがありました。
 日本における傾向としては、海外のように海岸沿いの都市から徐々に入ってくるのではなく、大都市の真ん中へ一気に入ってきました。しかし、残念ながらそこでは住民との軋轢が発生し、害鳥扱いされるようになっています。

 都心でウミネコの繁殖を始めたのはビルの屋上です。東京都はヒートアイランド現象の緩和、大気の浄化等を目的に、建築物の屋上や壁面、ベランダ等を緑化する「屋上等緑化」を推進しています。そして、新しく建てたビルのうち、一定の面積を超えるものについては必ず屋上緑化をしなければならないことになりました。その新築の屋上へウミネコがやってきて、草の上へ産卵が行われるのです。13階建てくらいのビルが狙われることが多く、一度に2〜3の卵を産みます。そして、卵を産んでしまうと、その後は鳥獣保護法により、巣立つまで追い払うことができなくなります。

 鳥が繁殖するためには、営巣場所の他に、その周辺でエサがとれるかどうかも重要な条件です。そして、都市へ進出した鳥の場合には一般に、食性や採餌方法を柔軟に変化させ、以前はあまり食べていなかった人間由来の餌等を食べていることがあります。たくましさが見られるのです。しかし、ウミネコの場合は隅田川沿いで採餌していることが意外と多く、主に野生の魚を食べていると考えられました。
 都心には天敵のハシブトガラスも多く生息しますが、調査を行っているビルの屋上にはハシブトガラスが来ないことも分かりました。そして、今のところ繁殖成績は離島よりも都心の方がよいという調査結果が得られました。

 しかし、ウミネコは下に糞を落とすため、洗濯物や布団を汚されることがないか、住民は不安です。新築のマンションにとっては、風評被害が出てしまうのは大きな痛手ですので、翌年からは産卵が行われる前に、ウミネコが来られないように屋上をネットで覆うなどの対策がとられています。そして翌年になると、営巣地も調査地もまた別のビルの屋上へと移ります。駅前のムクドリなどでもそうですが、新たな場所への営巣と追い払いとが絶えず繰り返されているのです。

 今回は合計29名の方が足をお運び下さいましたが、講演後も終了時刻まで質問が絶えず、終わった後も個人的に質問に来られる方がいらっしゃいました。質問の中には、手賀沼にもウミネコは来ないのでしょうか、といったものもありました。ウミネコは現在、手賀沼では繁殖していません。それについては、もしウミネコが来れば、(鳥好きの冨田様としては)有難いけれども、将来、条件がそろえば、その可能性もあるというお話でした。

 お集まり下さいました皆様、大変興味深いご講演をして下さいました富田様、まことに有難うございました。
カテゴリ: General
投稿者: muramatsu
11月26日(日)まで開催している企画展「鳥・酉・鶏・とり」で
行っているアンケート「みんなは鶏肉のどの部分が好き?」がいよいよ
終わりが近づいてきたので、ここまでのアンケートの結果を発表します!

9月初めのはもも肉が1位でしたが、結果は...

20171114-1.jpg

20171114-2.jpg

やはり、もも肉がダントツの1位でした!
2位のささみにダブルスコアの差でのトップです。

好きな鶏肉料理は9月の段階と変わらず1番多かったのは唐揚げで、特に子供たちに人気でした。2番目は焼き鳥で、もも肉を使うネギマが好きという意見が多かったです。
他には親子丼、ささみの梅しそフライ、筑前煮など様々なご意見がありました。
また、よだれ鶏(冷やした鶏肉に香辛料や薬味をかける四川料理)やチキンアドボ(フィリピンの煮込み料理)など、私自身が食べたことがない料理もあり、集計していて楽しかったです。今度、挑戦してみようと思います。

ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。





カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

11月5日(日)に、JBFゲストトークを実施しました。「世界に注目されるモンゴルの野鳥と自然環境」と題して、モンゴルからハンバー・トゥメンデルゲルさん(南ゴビ観光組合会長、Tum-Eco Tour)と齊藤 寛和さん(Tum-Eco Tour)をお招きして、お話しいただきました。

ヒゲワシ、ヒマラヤハゲワシ、ソウゲンワシなどの猛禽類や、サケイ、ノガン、サバクビタキなどの日本では珍しい草原の鳥、カベバシリやヒメサバクガラスなどのユニークな種など次々と映し出される美しい写真のスライドに引き込まれました。また、ユキヒョウやマヌルネコ、ナキウサギなどの哺乳類や夜の星空、広がる草原などなど、モンゴルの多様な魅力ご紹介いただきました。

会場からはモンゴルの野鳥や動物の生態などについて質問が飛び交い、みなさんのモンゴルへの興味の深さがうかがえました。

今回は49名の方にご来場いただきました。お話しいただいたトゥメンさん、通訳いただいた齊藤さん、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
カテゴリ: General
投稿者: odaya
null

11日4日(土)に、JBF鳥学講座をアビスタホールにて開催しました。今回は「夢を運べ、北の島から日本の空へ −絶滅から復活への道を歩むシジュウカラガン」と題して、日本雁を保護する会会長の呉地正行さんにお話しいただきました。

シジュウカラガンは頬に白い斑があるガンの仲間で、カルガモより大きく、マガンより少し小さいサイズです。かつては大型のカナダガン(日本ではほとんどが外来種)と同種にされていましたが、これらのグループのうち小型の4亜種が、現在ではシジュウカラガンとして別種として扱われています。

日本では、江戸時代の禽譜にもシジュウカラガンが描かれており、宮城県で渡来数が多かったという記録があります。関東地方にも、東京湾に群れが渡来していた記録や、手賀沼でも生け捕りにした個体の写真が残されています。宮城県でも1935年ごろまでは数百羽の群れが渡来しており、マガンよりも多かったという記録も残っているくらいです。また、19世紀の終わりに千島列島を探検したスノウの著書にも、千島列島のうちキツネのいないエカルマ島、ウシシル島などでシジュウカラガンが繁殖していた記録が残されています。

しかし、1915年ごろから始まったアリューシャン列島や千島列島での毛皮目的のキツネの養殖事業によって、これまでシジュウカラガンの繁殖地だった島々にもキツネが放たれました。このころから越冬地に渡来するシジュウカラガンの個体数は減少の一途をたどり、1960年ごろまでには絶滅してしまったのではないかと考えられていました。これらはキツネによる捕食が原因と推定されています。

幸運なことに、絶滅の淵に立たされていたシジュウカラガンは再発見されました。1963年にアリューシャン列島のバルディール島で、200-300羽の群れがアメリカの調査チームによって見つかると、すぐに個体数回復のプロジェクトが立ち上げられ、人工繁殖が始まり、飼育下の個体数は増えていきました。

日本でもアメリカに続き、日本雁を保護する会による熱意ある取り組みにより、日本への越冬個体群を復活させる再導入プロジェクトが始まりました。1982年に八木山動物園に保護増殖施設が作られると、アメリカから譲り受けた個体を元に越冬地や中継地で放鳥が行われました。しかし、実際に北の繁殖地に渡る個体は少数で、この取り組みはなかなかうまくいきませんでした。

ソ連の崩壊をきっかけに、1992年に日・ロ・米の3カ国で協力してシジュウカラガンの復活を試みるプロジェクトが始動し、カムチャッカに繁殖施設が作られました。そして、カムチャッカからかつての繁殖地であるエカルマ島にシジュウカラガンの幼鳥を運び、放鳥する活動が、1995年から2010年まで継続して行われました。この取り組みによって、日本に群れが渡来するようになり、2013-14年の冬に初めて日本全体の渡来数が1000羽を超えました。2015-16年の冬には3000羽以上が日本で冬を越したようです。こうして、シジュウカラガンの個体数は絶滅の淵から脱したと言えるまでに復活しました。

今後は、かつての越冬地として記録されている福田町(仙台市)への群れの渡来の復活と、千島列島の繁殖地での調査活動を行うことを目標に活動していきたいとのことです。
呉地さんはこの長年の活動を書籍にまとめるご予定だそうで、これから鳥類の保護の活動をされる多くの方の参考になることと思います。とても楽しみです。

今回は、115名の方にご来場いただきました。お話しいただいた呉地さん、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
<   2018-05   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031