過去ログ

あなたは現在、2016年Aprilの過去ログを見ています。
カテゴリ: General
投稿者: muramatsu
あびこショッピングプラザさんと鳥の博物館の連携企画
「あびこバードランド」が、4月23日(土)からショッピングプラザ内で
開催されます。
20160422-birdland.jpg
この企画は、あびこショッピングプラザさんが企画する
「あにまるフェスタ」の中のイベントの一つで、我孫子の鳥に関する
パネルが展示され、市の鳥オオバンの生態やフクロウの子育てについても
知ることができます。
鳴き声や羽に関するクイズラリーもあるので、小さなお子さんから大人まで
楽しめる企画です。

展示期間は4月23日(土)は5月8日(日)です。
ご興味ある方は、ぜひお立ち寄りください。
詳しい開催内容は、あびこショッピングプラザのウェブサイトを
ご覧ください。



カテゴリ: General
投稿者: saito
20160412-themetalk20160409.jpg
 今日のテーマは、「オス?メス?見た目でわかる?雄化する鳥の謎」。山階鳥類研究所自然誌研究室の岩見恭子さんにお話いただきました。
 外部形態では雄と判断したサンコウチョウの資料が、剖検の結果卵巣がありメスだった、というおどろきの発見から、その要因を解明するために行ったさまざまな調査や研究が紹介されました。
 まず性染色体の異常を疑い、それを解明するためCHD遺伝子を調べた結果、性染色体の異常は否定され、また、卵巣が充分に発達していることから雌性ホルモンの分泌異常の可能性も少なく、この雄化のメカニズムの解明には他の遺伝子部位や内分泌器官の組織学的研究などさらなるアプローチが必要とのことでした。ではこの雄化したサンコウチョウは、繁殖の場面でどのような役割を演ずるのか興味あるところですが、実際に野外で雄化したメスのサンコウチョウが繁殖したという観察記録が地域の同好会誌に残されているそうです。
 このほか、岩見さんらが発見した雄の死体に交尾するショウドウツバメの雄の驚きの映像も紹介されました。
http://www.momo-p.com/index.php?movieid=momo151125rr03a
 動物の雄と雌との関係は、一筋縄では理解できないことがよく分かるお話でした。
 また随所で、見慣れた現象でも先入観にとらわれず観察することが新たな発見につながることや、過去の標本資料の中に謎を解くさまざまな情報が含まれていることが示され、示唆に富むお話でした。
カテゴリ: General
投稿者: muramatsu
鳥の博物館で市内の森に設置したフクロウの巣箱で
今年も子育てがはじまりました!

20160401-________.png
3月29日の6時頃、メスが巣箱の中に座り込み始める。

20160401-______.png
同日の18時15分頃、1卵目を確認。

20160401-2____.png
4月1日の3時30分頃、2卵目を確認。

フクロウはメスのみが抱卵します。
その間、オスは外敵から巣を守りながらメスへ餌を運びます。
うまくいけば約1ヶ月ほどで、ヒナの姿が見られるでしょう!

博物館では現在、企画展「フクロウさんちの子育て日記」を開催しています。
館内にあるモニターでは、子育てのライブ映像もご覧いただけますので、
ご興味がある方は、ぜひ博物館へ足をお運びください。
展示期間:2月6日(土)から6月26日(日)まで

今後のフクロウの子育てに関する記事は
博物館ブログ「とりはく自然通信」に掲載いたします。