過去ログ

あなたは現在、2015年Decemberの過去ログを見ています。
カテゴリ: General
投稿者: saito
20151212-themetalk20151212.jpg
 12月のテーマトークを行いました。
 今日のテーマは、「鳥類学とバイオミメティクス〜鳥をまねした物づくり〜」で、山階鳥類研究所自然誌研究室の山崎剛史さんにお話していただきました。
 バイオミメティクスというあまり聞き慣れない言葉ですが、生物模倣と訳され、生き物の機能をまねて人のくらしに役立つ様々な技術への応用を目指す研究です。
 お話では、まず、生物の機能のすぐれた点として、素材が分解されること、レアアースなど限られた資源が不要なこと、常温・常圧ですぐれた機能を発揮することが紹介され、バイオミメティクスは、省エネ、循環型の持続可能な社会に適した技術であることが分かりました。
 はじめに、無反射素材として注目されるモスアイフィルム(ガの眼の構造の応用)やどんな材質にも跡を残さずしっかりくっつきまた剥がすことのできるヤモリテープなど、製品化されつつある技術が紹介されました。
 次に本題の鳥のバイオミメティクスのお話があり、小型で軽量、静かで安定した、しかも省エネ飛行できるはばたき飛行機の一例として、ドイツのFESTO社のSmart Birdについて飛行映像とともに紹介されました。
 さらに、「トビが油揚げをさらう」かのように、前進飛行しながら足で物をつかむ能力を応用したペンシルベニア大学が開発した飛び出す足を持つドローン型飛行機も紹介されました。この応用として、樹の枝に止まることのできるドローンも研究中とのことでした。
 この他、嘴ではげしく樹木を穿孔するキツツキがなぜ脳震盪をおこさないのか、その衝撃吸収のしくみも紹介され、身の周りに生物のすぐれた機能があふれていることが分かりました。
 最後に、現在山崎さんが工学系の研究者と共同研究しているフクロウの仲間の翼の消音のメカニズムに関する研究が紹介され、この分野がこれからどんどん発展していく新分野である可能性を伺い知ることができました。

December12日Saturday: 第12回友の会展はじまる

カテゴリ: General
投稿者: saito
20151212-01tomonokaikannbann.jpg
12月12日(土曜日)から第12回友の会展がはじまりました。
会員の活動の記録や作品が多数展示されています。
また、今回のテーマは、「手賀沼の遊歩道でバードウオッチング」ということで、身近に見られる鳥が写真と手作りのジオラマで紹介されています。
ぜひ、ご覧ください。

20151212-02tomonokaitako.jpg
鳥凧同好会の作品が、天井狭しと飾られています。

20151212-03tomonokaimitearukou.jpg
見て歩こう会の活動記録紹介コーナーです。今年も精力的に活動しました。

20151212-04tomonokaidejikame.jpg
デジカメ同好会の方たちの撮影した全国、全世界の鳥の写真が楽しめます。

20151212-05tomonokaitorie.jpg
鳥絵同好会の皆さんのこの一年の作品紹介コーナーです。それぞれの作品へのこだわりが感じられます。

20151212-06tomonokaimannyou.jpg
万葉同好会の皆さんが、万葉集に登場する鳥を取り上げ、歌とともに紹介しています。

20151212-07tomonokaitheme.jpg
最後に、今回のテーマである「手賀沼の遊歩道でバードウオッチング」のコーナーが設けられています。遊歩道で見られる鳥の写真や会員手作りのジオラマで、手賀沼の全容とウオッチングのポイントが分かります。
お持ち帰り出来る「手賀沼の遊歩道でバードウオッチング−冬に見られる鳥84種のパンフレット」もあります(数に限りがあるのでお早めに)。