過去ログ

あなたは現在、2011年Octoberの過去ログを見ています。
カテゴリ: General
投稿者: tokita
 いよいよジャパンバードフェスティバルも閉会ま1時間と少し、天気も心配されましたが、何とか陽も射し閉会まで持ちそうです。
 会場では、小笠原からメグロのメグロンちゃんもやってきて会場を盛り上げています。
小笠原
メグロンちゃん
 メグロちゃんの隣は何だっけ?ごめんなさい忘れました。
 博物館館内では子ども達も楽しそうに遊んでくれてます。
遊ぶ
 会場の鳥の博物館ビースも賑わっています。ブースでは手賀沼の生きもの展示も好評です。
いきもの
ショップ
カテゴリ: General
投稿者: tokita
 明日23日(日)までJBF ジャパンバードフェスティバルが開催されています。鳥の博物館の前にある駐車場も会場となっており、鳥の博物館も出店しております。どうぞお立ち寄り下さい。また、楽しいイベントを館内開催中です併せてご覧いただければと思います。
とりはくテントブース

October19日Wednesday: 食糧難は必至!

カテゴリ: General
投稿者: tokita
 9月の終わり頃、ウマノスズクサに着いているジャコウアゲハの幼虫の救出に近くの食草の群落(と言っても僅か)に都合4回のピストン輸送でしのいだ。ウマノスズクサは丸坊主になり、最近やっと小さいけど回復した。と思っていたら既に終齢に近い幼虫が着いているではないか。どうみてもおかしい?
 方々で食糧難なのだろうか? 鳥の博物館にウマノスズクサがあったのを見て知っているのだろうか?不思議だ!食草を求めて移動するジャコウアゲハの幼虫のことは知っているが、鳥の博物館の周囲ではウマノスズクサは無い、誰かがしゃがんで夜な夜な割り箸で小さな芽吹いたばかりの食草に「元気にいっぱい食べて育つんだぞ」って着けてやっているんだろうなと思う。理解できるから怒れない。 どうみても食糧難は必至!
 さて、どうしよう。
ジャコウアゲハ幼虫

 そこかしのにうじゃうじゃ着いている。
ジャコウアゲハ幼虫1

October 5日Wednesday: タヌキの仕事

カテゴリ: General
投稿者: tokita
 博物館の周辺にはタヌキが徘徊している。以前ですが、池カメラでその姿が捉えられたことがあった。
今日、2階の体験学習室のベランダにタヌキの仕業と思われるキジ♂の惨殺死体が見つかった。死体と言っても食べ残し、たぶん裏山で寝込みを襲われたのだろうと皆で話した。
惨殺痕1
 ああ、ここにもあった。キジの肩甲骨と翼、平らな場所に来るためにキジを口に咥えて飛び越えた?などと想像した。
惨殺痕2
 
 食べた後には、大きなタヌキの糞。このタヌキ、大物なのだろうか。
おおきなウンコ

 今日もムカデがいました。急に寒くなったので「越冬」場所を探しに出てきたのでしょう。
 明日も出るのでしょうか、それにしてもゴムのおもちゃのようだ!

October 4日Tuesday: また出たムカデ!

カテゴリ: General
投稿者: tokita
 最近博物館周辺ではムカデが良く出る。
 今日も出た。トビズムカデ

 トビズムカデ

October 2日Sunday: ムカデが出た!

カテゴリ: General
投稿者: tokita
 出勤して通用口近くで動く手足の多い長いものが蠢いている。
 手足の多いものと全く無いものが苦手なのです。簡単に言えば「ヘビ」「ヤスデ」「ムカデ」が大の不得意。せめて6本、8本、10本くらいまでが許容できる範囲。

 今日見たムカデは、トビズムカデのようである。
ヤスデ

 ゴムのヤスデのおもちゃみたい。
ヤスデ1

 もう見たくない。 標本として冷凍保存した。